【クロスバイク】GIANT ESCAPE R3(エスケープR3)の5年間のモデル変化をまとめてみた【2014〜2018】

クロスバイクの定番、ESCAPE R3

クロスバイクの定番の一つとしてよく知られているモデルが、GIANT(ジャイアント)のESCAPE R3である。スポーツ性能、耐久性、快適性を併せ持っており、街乗りから長めのサイクリングまで一台で楽しむことができると人気だ。2005年モデルとして登場してから13年、毎年新モデルが販売されるが、正直どこが変わったのか分かりにくいと思う人も多いだろう。

今回は、2014年モデルから現在販売されている2018年モデルまで、この5年間でスペックや価格、カラーなどがどう変化してきたのかを紹介する。なお、2015年モデル以降は、スペックに変更があった部分のみを表記している。

2014年モデル

ESCAPE R3 14

引用:GIANT

ESCAPE R3 14

引用:GIANT

ESCAPE R3 14

引用:GIANT

ESCAPE R3 14

引用:GIANT

ESCAPE R3 14

引用:GIANT

価格 52,000円(税抜)
サイズ 370(XXS)、430(XS)、465(S)、500(M)mm
重量 11.4kg(465mm)
ドライブトレイン SRAM X3 / X4
ギアクランク SR SUNTOUR 28/38/48T/CG
F.ディレーラー SHIMANO M191 31.8
R.ディレーラー SRAM X3
シフター SRAM X4 TRIGGER 8S
ブレーキレバー TEKTRO
ホイール GIANT SPINFORCE
タイヤ MAXXIS DETONATOR 700x28C
カラー ネオンイエロー、ブルートーン、ホワイト、ブラックトーン、キャンディレッド

フルモデルチェンジした2015年モデル

1 2 3 4 5