トム・デュムランの闘い/ジロ・デ・イタリア3週目レビュー

トム・デュムラン最後の闘い

失意の一日を終え、デュムランは最後の闘いに乗り出す。

第20ステージ。グランツールは21日目まであるが、多くの場合、最終日は総合順位が変わることはほとんどない。

よって、マリア・ローザを巡る戦いは第20ステージがラストだが、難関山岳が連続するコースだ。

第20ステージコースプロフィール 引用:ジロ・デ・イタリア公式ウェブサイト

デュムランをはじめとする強豪たちは、第15ステージのように、フルームが突然体力を失い、崩れてくれるのを望んでいたかもしれない。

しかし、「最強チーム」スカイのトレインに護られた「王者」は全く揺らぐことなく、メイン集団は最後の山、チェルビニアに向かう。

デュムランの武器は一定ペースでの淡々とした走りであり、ゆえに防御には適しているが、攻撃には向いていない。

それでも、残り9km。

40秒のタイム差をひっくり返してマリア・ローザを奪い返すために、デュムランは行かざるをえなかった。

デュムランの捨て身のアタック

Embed from Getty Images

デュムランの1度目のアタックは、簡単にフルームに追い付かれてしまう。

少し間を置いて繰り出したアタックも、全く歯が立たず。

間髪入れずに3度目のアタック。だがこれも、あっという間に追いつかれたうえに、カウンターでフルームのアタックを許してしまった。

なんとかこれに追い付き、4度目のアタック。

【第20ステージハイライト デュムランのアタック 0:45〜】

こんなデュムランの姿は、今まで見たことがなかった。

このアタックの連続で体力を失い、下手をすれば現在の総合2位という立ち位置を失う可能性も大きい、捨て身の攻撃。

トンネルの中で繰り出した5度目のアタック。

これもすぐに捕まえられ、再度のカウンターアタックを前にして、デュムランはついていくことができなかった。

首を横に振ったデュムラン。

この瞬間、彼の挑戦は終わりを告げた。

大会前から予想され、期待されていた、フルームとデュムランの最初の真剣勝負は、今回、フルームに軍配が上がった。

僕は最強ではなかった。

デュムランは再びフルームに挑戦するだろう。

Embed from Getty Images

彼は今大会、初日に総合首位になったのち、第2ステージ以来は常に「総合2位」を守り続けていた。

ジロ・デ・イタリア2018、2番目に強かったのがこの男であることは、真に正しい。

Cyclingnewsの記事で、デュムランはこのように語っている。

後悔はしていない。

フルームを倒すためにできることは何もなかった。僕はチームと自分自身を強く誇りに思う。

とても疲れていた。空っぽだった。

でも、挑戦しなければ僕は自分を許すことができなかっただろう。

僕は今日、持てる全てを出し切った。僕は自分のことをとても誇りに思うよ。

僕は最高峰のクライマーの1人だった。でも最強ではなかった。

フルームの方が強かった。

(Cyclingnews 5/26付記事「No regrets for Tom Dumoulin: ‘There was nothing I could do to beat Froome’」より)

Text:Tamaki Suzu

関連記事:
執念のヴィヴィアーニ、イェーツが魅せた/ジロ・デ・イタリア1週目レビュー
エースの勝利を導くプロのアシストとはこういうことだ/ジロ・デ・イタリア2週目レビュー

関連カテゴリー

ロードレース

1 2 3 4