海外メディアの2018ワールドツアー・チームの自転車レビューが面白い!

GIANTは自社製品に切り替え

次はサンウェブのジャイアントだ。どうだい?

DR:ジャイアントはホイールを自社ブランドにした。男子チームの為に開発したもの(SLR0カーボンエアロホイール)らしい。チューブラータイヤで、リムがどこ製かはわからないけど大体がジャイアント製になっている。

Embed from Getty Images

CF:ジャイアントはシューズも自社に切り替えてきたよね。

DR:まだ正式名称などあまり詳しいことは明らかになっていないけど、軽く、丈夫で、履き心地のよくなっている…はずだ。笑

cerveloは念願のハブ変更

CF:ハブ賞を与えるならディメンション・データ(サーヴェロ)だろうね。ここまでとても長い道のりだった。

DR:CHRIS KING(クリス・キング)社のSour Apple(サワーアップル)のハブ、セラミックベアリング…羨ましい。

Embed from Getty Images

CF:同感。チーム・スカイのピナレロはどうだい?

PINARELLOは自社ブランドMOSTを採用

DR:ピナレロが一番変更があったね。まずはコックピット(ハンドル周り)がPROからピナレロ・ブランドのMOSTになっている。つまりピナレロのオリジナル色が強くなったということだ。

Embed from Getty Images

CF:ということは、シマノを購入して組み合わせているの?

DR:いや、シマノはまだオフィシャルのスポンサーだよ。だけど、パワーメーターのSTAGES(ステージズ)も公式なスポンサーだから、ここにはちょっとした議論があるらしい。だから自転車には引き続きSTAGESが載っているが、シマノの公式スポンサードされている。

CF:これぐらいかな。詳細や続きはぜひロームの書いたレビュー記事を読んでくれ。

Cyclingtipsのレビュー記事

Bikes of the 2018 WorldTour

 

関連カテゴリー

2018モデル, ロードバイク

1 2 3 4