RIDLEY(リドレー)のロードバイク【2018年モデルまとめ】

RIDLEY

RIDLEY

引用:RIDLEY

1990年、ジョシム・アールツが設立した塗装会社から始まったベルギーの自転車ブランド、リドレー。国技が自転車と言われるベルギーだが、雨が多かったり古い舗装道路が多数残っているなどライディング環境は厳しいと言われる。そのような環境の中で研究開発されているロードバイクの性能は国内外で高く評価されている。現在でも塗装には特に力を入れておりハイクオリティだが、手間暇がかかる分、年間の生産台数は大手メーカーと比べると少ない。

機材提供チーム

LOTTO SOUDAL

引用:LOTTO SOUDAL

LOTTO SOUDAL(ロット・ソウダル)

NOAH SL

リドリーがこれまで培ってきたあらゆる技術を詰め込み誕生した新世代のエアロロードがこのNOAH SL(ノアSL)だ。空気抵抗を極限まで減らすことによりスピードを追求する一方、合剛性や快適性、安全性も十分に確保されている。

NOAH SL

引用:RIDLEY

フレーム 60.40.30 ton HM Carbon
サイズ XXS、XS、S
カラー NSL07Cms
フレームセット価格 400,000円(税抜)

NOAH

NOAHは、上位機種であるNOAH SLのテクノロジーを継承しつつ、カーボン素材の見直しとフォークの変更により価格を抑えたミドルクラスのエアロロードだ。NOAH SLと同じフレーム形状であり、リドレー伝統のテーパーヘッドチューブやプレスフィット30の採用により、剛性と安定性も文句なしである。

NOAH

引用:RIDLEY

フレーム 30. 24 ton HM Carbon
サイズ XXS、XS、S、M
カラー R-NOA06As
フレームセット価格 275,000円(税抜)

レーシングロード
HELIUM SLX & HELIUM X

1 2 3 4 5