ディスクブレーキのメリット・デメリット、知っていますか?

ディスクブレーキのメリット・デメリット、知っていますか?

ここ最近、ディスクブレーキ仕様のロードバイクの話題に事欠かない。ディスクブレーキのロードバイクモデルも各自転車メーカー・ブランドから次々と発売されている。

これを読んでいただいているユーザーの方にも、欲しいロードバイクにディスクブレーキモデルがあり、購入を考えている人もいるかもしれない。そこで、今一度、ディスクブレーキについての話とメリット、デメリットについてご覧いただければ幸いだ。

キャリパーブレーキとディスクブレーキの仕組み

キャリパーブレーキは外側から挟んで止める

キャリパーブレーキ

引用:SHIMANO

ご存知の通り、現在ロードバイクに使われているブレーキの多くが、キャリパーブレーキといわれるタイプが主流。

キャリパーブレーキの構造は簡単で、左右からホイールの外径にあたる金属部分(リム)をゴムで挟み制止させる。

ホイールの種類(カーボンホイールなど)によっては、過度なブレーキングを行うことでブレーキのゴム部分が削れたり溶け破損することがある。また、高温になることでホイールが溶けてしまうこともある。

ロードバイク,ディスクブレーキ,安全,整備

ロードバイクのディスクブレーキ

ディスクブレーキは内側から止める

キャリパーブレーキと比べるとディスクブレーキの構造は複雑で見た目もメカメカしい。そして構造も全く異なっている。

ホイールの中心にディスクローターといわれる特殊な金属の円盤を取り付け、ホイールの中心(内径)から制止させる。これにより負荷の少ない力でキュッと制止される。

ディスクブレーキは2種類ある

機械式のディスクブレーキ

機械式のディスクブレーキ

油圧式のディスクブレーキ

油圧式のディスクブレーキ

ディスクブレーキには2種類ある。機械式のディスクブレーキとオートバイなどにも使われている油圧式のディスクブレーキだ。

機械式は、ワイヤーを引っ張ることでブレーキパットがディスクローターを挟み制止させる。

油圧式は、ワイヤーで引っ引っ張るのではなく特殊な油による油圧で、ブレーキパットを押し出しディスクローターを制止させる。

明らかに油圧式のほうが制動力は高くギュッと止まることができ、雨天時の悪路や、急な障害物に出会った場面での緊急回避もしやすくなる。

ディスクブレーキのメリット・デメリット

1 2 3 4