10万円代じゃ買えない!初心者っぽくないオトナのロードバイク選び6選

初心者だけど、初心者っぽく見られたくない人の為に

気温も高まり、これからロードバイクを初めてみようというロードバイク初心者へ向けた記事が自転車雜誌などでも特集されています。初心者向けには15万円前後のアルミロードバイクがオススメとして登場する事が多いのですが、これらのモデルは量販モデル帯でもあり、逆に他人とかぶる可能性も高いのです。

金ならある!という御仁の為に選びました

真面目な初心者向けのロードバイク選び記事ではなく、本稿では「金ならある!大人のオモチャとしてロードバイクを買うんだ!」という御仁を対象に、「10万円代じゃ買えない!オトナのロードバイク選び6選」として、初心者っぽくならないカーボンロードバイクをご紹介します。

モデル選定基準

  • Find Bike編集部の独断と偏見
  • サイクリングロードで一目置かれそう(乗り手が貧脚かは無視する)
  • 眺めているだけで酒が飲める所有欲をくすぐるか
  • コンポ?でぃれーらー?難しい事はわからんから、完成車くれ!

オトナのオモチャとしてロードバイクを買うならば、難しい事は考えず、乗らずとも「買って良かった」と所有欲が満たされるロードバイク選びが重要です。。

それでは行ってみましょう!

10万円代じゃ買えないロードバイク選び6選

  1. Trek Emonda SLR -量産モデル史上最軽量、最高峰のカーボン素材を使用-
  2. BMC TEAM MACHINE SL01 -アルトより断然高い!ナノテクノロジー採用-
  3. S-WORKS TARMAC -レーシングマシンに乗っているという自己陶酔-
  4. NEILPRYDE BURA SL -ブラじゃないよ!ビューラだよ!-
  5. SCOTT FOIL TEAM ISSUE -スイス・メイドの緻密さと知性-
  6. Pinarello DOGMA F8 -ジャガーの屋根に乗せて走りたい-

Trek Emonda SLR

 

量産モデル史上最軽量、最高峰のカーボン素材を使用

量産モデルでは史上最軽量となるフレーム重量4.5kgを達成したTrek Emonda SLR(トレック エモンダ SLR)。ストイックに軽量さを追求し、Trekロゴも縁取りのみの極シンプルなものです。真っ黒な外観は、カーボン萌えをする御仁には垂涎の仕上りです。

OCLVカーボン700シリーズという最高峰のカーボン素材を使用したフレームは軽量性を追求した機能美を感じることが出来、シブさ抜群です。お値段、なんと140万円!

Trekのブランド情報

BMC TEAM MACHINE SLR01

アルトより断然高い!

スイスのメーカー「BMC(ビーエムシー)」のフラッグシップ、TEAM MACHINE SLR01です。電動シフトチェンジが出来るシマノ・デュラエースDi2搭載の完成車でお値段120万円!スズキの軽自動車アルト(約85万円〜)より断然高い!

コンポーネントのグレードを下げれば、シマノ・アルテグラ仕様で52万円と、ぐっとお買い求めやすくなります。独自形状のシートポスト周辺のデザインが特別感を煽ります。フレームのカーボン素材も「ナノテクノロジー」が用いられ、詳しい事がわからなくても「スゴイのに乗っている感」は味わえるでしょう。

BMCのブランド情報

S-WORKS TARMAC

S-WORKS TARMAC

via SPECIALIZED

レーシングマシンに乗っている、という自己陶酔

攻撃的なエアロフレーム形状が魅力のS-WORKS TARMAC(ターマック)。プロツアーでも3チームが採用しており、性能は折り紙つき。シマノ・デュラエース仕様の完成車で約84万円。

グランツール等で優勝を飾っている、正にレーシングマシン。そんなハイパー高性能な一台を手元で愛でれば、仕事の疲れも吹き飛ぶはず。平地を20km/hでしか巡航できなくとも「オレはレーシングマシンに乗っている…」と自己満足に浸れる一台です。S-WORKSのVENGEはスーパーカーメーカーであるマクラーレンとコラボバイクを出しているのも評価が高いポイントです。このTARMACも一つ前のモデルでマクラーレンコラボのモデルが出ています。

S-WORKS(SPECIALIZED)のブランド情報

NEILPRYDE BURA SL

ブラじゃないよ!ビューラだよ!

そこらのお店じゃなかなか見かけない「NEILPRYDE(ニールプライド)」はニュージーランドのメーカーです。ウィンドサーフィンブランドが出自なので、空力性能とカーボン加工技術に長けています。

NEILPRYDEのフラッグシップであるBURA SL(ビューラSL)はデュラエース完成車で約70万円。フレーム素材にはニールプライド独自開発のC6.9UDカーボンが使用され軽量さを追求しながら、極太のチェーンステーが存在感を示します

ロードバイクブランドのイメージが薄いニュージーランドのブランドなので、乗っていれば「コイツ、わかってるな…」感を演出する事が出来るでしょう。

SCOTT FOIL TEAM ISSUE

スイス・メイドの緻密さと知性

スイスのブランドSCOTT(スコット)はスキー用品メーカーでも世界シェアNo.1。スイス・メイドの緻密さと知性を感じたいならば、FOIL TEAM ISSUE(フォイル・チームイシュー)が良いでしょう。

とにかく名前の「TEAM ISSUE」が良い。レーシングマシン感が名前から溢れ出ています。派手さを持ちながら上品にまとめられたカラーリングも、レーサー気分を盛り上げます。優れたエアロダイナミクス性能は貧脚でも巡航速度維持を手助けしてくれるでしょう。完成車価格85万円。

Pinarello DOGMA F8

ジャガーの屋根に乗せて走りたい

ロードバイク好きなら知っている、高級ブランドのPinarelloのフラッグシップ「DOGMA F8(ドグマ F8)」。フレームセットでの販売が基本となるため、今回の特集へ入れるか悩みましたが、外す訳にいかない程の魅力があるため加えています。

ひと目で「ピナレロだ」とわかる波打つ形状の「オンダフォーク」は、このドグマF8では新設計の「オンダF8フォーク」です。同じピナレロ乗りと出くわしても「俺のはオンダ”F8″フォークだ!」とドヤ顔が出来るでしょう。

何よりジャガーと共同開発を行い、世界最高峰のレースでタイトルを量産する「TEAM SKY」のマシンなので、自分の愛車と同じバイクがグランツールで活躍する姿を好きなだけ見ることが出来ます。

DOGMA F8を買うなら、同時にジャガーF-TYPEを購入し、TEAM SKYのチームカーよろしく屋根に乗せましょう。高級車 on 高級車。これで更に“プロっぽく見える感”が増すでしょう。

フレームセットで64万8000円。これに上級グレードのコンポとカーボンホイールなど高級パーツを存分に盛り込めば、あっと言う間に100万円オーバー!コンパクトカーが買えそうです。

まとめ

以上、乗り手が脚力を鍛えるという、ロードバイクの本流をを完全に無視した妄想バイク選びでした。

「初心者っぽくないロードバイク選び2015」は、本気で日々鍛錬を行っているロードバイク乗りの方から怒られそうですが、ロードバイクにはストイックに鍛え続けるだけでなく、「オトナのオモチャ」としての楽しみ方も、また一つのロードバイクの楽しみ方だと思います。

Find Bikeでは「モノとして楽しむロードバイク」という切り口が、ロードバイク文化を日本で広める為に重要な要素として捉え、これからも魅力的なロードバイクをご紹介していきたいと思います。