初めてのロードバイクを買うならTiagra(ティアグラ)×アルミ完成車がオススメな理由

初めてロードバイクを購入するならば、アルミフレームにシマノ・ティアグラを搭載した完成車がオススメです。何故なのか?その理由について解説します。

理由1:中級者までカバー出来るTiagra(ティアグラ)の基礎性能が高い

2016年モデルでティアグラはフルモデルチェンジ

新型Tiagra

2016年モデルで新型となったシマノ ティアグラ。クランクが105以上と同じく4アームのガンメタ仕様となり、見た目にも上位グレードとの差が縮まりました。

ティアグラは上級者からも評価が高い

元々、コンポーネントとしての性能にはロードバイク上級者からも定評があり、リアは10速と段数は少なめなものの、パーツ精度の高さから、高級ロードバイクに乗り慣れたプロアマクラスのロードバイク乗りからも「ティアグラはイイよね」という声が聞かれます。

理由2:アルミロードバイクは丈夫なので初心者にオススメ

転んでも、ぶつけても壊れにくい

ロードバイク初心者は高い確率で転びます。派手な事故とはならなくとも、立ちゴケ程度は起きえますし、扱いになれていないため、うっかり倒してしまったり、ぶつけてしまう事は多いはず。

アルミはカーボンと比較し、ぶつけた衝撃には強いため、初心者にはやさしい素材です。カーボンは衝撃でヒビが入ったり割れる事もあるため、やや取り扱いがデリケートな素材です。

初心者はロードバイク同士の性能差より、ママチャリやマウンテンバイクが比較対象

ママチャリ

よくアルミはカーボンより重い、乗り心地が固い、と言われますが、生まれてこのかたロードバイクへ乗ったことの無い人にとって、その違いをいきなり理解する事は難しいですね。そもそもママチャリやマウンテンバイクにしか乗った事の無い人にとっては、スーッと進むロードバイクのスピード感へ必ず感動するはず。

最初の一台は予算的に無理をして中途半端なカーボンロードバイクを買うよりは、アルミフレームのモデルを選択する方が良いのです。

理由3:ちょうど良い価格

1 2