10万円以下で買える有名メーカーのロードバイク11選 -2017

10万円以下で買えるロードバイクって正直どうなの?

ロードバイクってすごく高いイメージがありませんか?実際、カタログを見てみると100万円を超えるモデルも珍しくありません。そのため、10万円以下のロードバイクと聞くと、安かろう悪かろうなのではと思ってしまう人も多いはず。

けれど、メーカーの立場になって考えて見てください。あまりにもクオリティの低いロードバイクを販売して失望させてしまったら、これからお得意様になってくれるかもしれないお客を失うことに…そのため、多くの有名メーカーが初心者向けのエントリーモデルに力を入れており、結果としてコストパフォーマンスの優れたモデルが沢山販売されています。

ロードバイクに乗ってみたいと思ったら、最初はお手頃なエントリーモデルから始め、がっつりハマったら将来グレードの高いモデルにチェンジするというのも賢い選択でしょう。

10万円でロードバイクを買うときに気をつけたいポイント

残念ながら、10万円以下で販売されているロードバイクの中には、質が悪いものが多数あるのも事実です。初めてロードバイクを購入する際には、以下の点に気をつけると良いでしょう。

コンポーネント

ロードバイクを構成する部品の中でも、セットで設計および製造される部品をまとめてコンポーネントと言います。最も有名なメーカーはShimanoです。以下は、Shimano製のロードバイク用コンポーネントを上位グレードから順に並べたものです。

DURA-ACE(デュラエース)
ULTEGRA(アルテグラ)
105(イチマルゴ)
TIAGRA(ティアグラ)
SORA(ソラ)
CLARIS(クラリス)

DURA-ACEが最高グレードで、CLARISが最も低いグレード。予算10万円なら上位グレードのSORA搭載モデルも視野に入ってきますが、販売価格を抑える工夫として敢えてCLARISを採用しているエントリーモデルもあります。その辺りはフレームを含め、トータルで判断してください。

重量

ロードバイクの速さに欠かせない要因の一つが軽量であること。多くのメーカーが、より軽いロードバイクを作るために長年努力してきました。格安ロードバイクとして売られているモデルには、シティサイクル並みに重いものも少なくありません。このようなモデルでは、ロードバイク本来の良さを楽しむことができないでしょう。この価格帯の場合、10kgを切るモデルが多いので目安にしてください。ちなみに、これから紹介するモデルは全て、10kg未満のものです。

GIANT / CONTEND 1

CONTEND 1

引用:GIANT

CONTEND 1

引用:GIANT

メーカー GIANT(ジャイアント)
モデル名 CONTEND 1(コンテンド1)
メインコンポ SORA
カラー ブラック,マットネオンレッド
重量 9.4kg
価格 95,000円(税抜き)

エントリーモデルの選択肢としてよく名前の挙がるブランドが、アルミフレームのパイオニアであるGIANT。GIANTのロードレーサー「TCR」と、エンデュランスロード「DEFY」を融合したエントリーモデルがこのCONTEND 1です。ロードバイクでスピードを出す時には、上体をグッと前に倒した前傾姿勢で漕ぎますが、慣れない人にとっては少し怖いかもしれません。その点、CONTEND 1は緩めの前傾姿勢を取ることができるので、初心者にも比較的乗りやすいでしょう。一方、TCRから受け継いだ剛性設計により力強いペダリングが可能です。

取扱店を探す

MERIDA / SCULTURA 200

SCULTURA 200

引用:MERIDA

SCULTURA 200

引用:MERIDA

メーカー MERIDA(メリダ)
モデル名 SCULTURA 200(スクルトゥーラ200)
メインコンポ SORA
カラー マットオレンジ(ブラック)、マットアントラシート(グリーン)
重量 9.3kg
価格 99,900円(税抜き)

フレームに上位モデルと同じRide Lite-Single BSAが採用された、ロングライド向きのSCULTURA 200。溶接部分を滑らかにするためのスムース・ウェルディング(Smooth Welding)製法を採用しているため、フレームの美しい仕上がりも特徴の一つ。メインコンポはSORA、フォークはカーボン製です。

取扱店を探す

1 2 3 4