20万円以下!コスパが高い初心者向きロードバイク6台

GIANT TCR 0

GIANT TCR0

via GIANT

ブランド ジャイアント
モデル名 TCR 0
完成車価格 13万5000円
完成車参考重量 8.8kg
メインコンポーネント シマノ105(11速)

“コストパフォーマンス”の話題が出ると必ず名前の挙がる『ジャイアント』。同じグレードの他ブランド車種と比較しても同等スペックで数万円安く価格が設定されています。他ブランドのOEM提供元がこのジャイアントであったりするため、性能に対して安く手に入れる事ができます。

ジャイアントのレース向けモデル中エントリーグレードとして位置付けられるのがGIANT TCR 0。メインコンポは105ですが、クランクは下位グレードのシマノRS500です。かなり売れているモデルなため、街中で他人とカブる可能性が高い点がネックでしょうか。

KhodaaBloom FARNA SL-105

ブランド コーダーブルーム
モデル名 FARNA SL-105
完成車価格 17万5000円
完成車参考重量 7.8kg(500mm)
メインコンポーネント シマノ105(11速)

このクラスで最軽量の部類に入る、完成車重量7.8kg(500mm)のファーナ。この軽さはエントリーグレードのカーボンフレームに匹敵します。さらに、このグレードでは珍しいワイヤーがフレーム内蔵式となっており、コストがかかる細かい部分にもしっかりと気配りされたモデルです。

日本ブランドであり、日本人の体型に合わせた設計がされているという事もあり、安心感の高いモデルです。

MERIDA SCULTURA 4000

MERIDA SCULTURA 4000

via MERIDA

ブランド メリダ
モデル名 SCULTURA 4000
完成車価格 19万9900円
完成車参考重量 8.5kg(470mm)
メインコンポーネント シマノ105(11速)

今回挙げた中で唯一のフルカーボンフレームのモデルです。クランクが下位グレードのモノであったり、他の各パーツが所々自社ブランドの物が使われているものの、この値段でカーボンフレーム×シマノ105が手に入るのはコストパフォーマンスが高いと言わざるを得ません。ワイヤーもフレーム内蔵化されています。

さらに、将来的にコンポを電動シフト化したいと考えている人もDi2へ対応したフレームのため、長く乗れる一台です。

まとめ

ロードバイクは元々フレーム、ホイール、コンポなど様々な好みのパーツを選び組み立てる買い方をするモノなので、完成車を買っても後からパーツを交換していく楽しみもあります。

しかし、フレームだけは交換ができません。なので、フレームの素材や設計へコストがかけられているモデルを選ぶ事がポイントと言えるでしょう。

一般的にこのグレードでは6000番台のアルミ素材が採用される中、『FELT F75』は「7005」を採用しているのと、カーボンフォークにも上位グレードと同様の素材を使用しているため、“フレーム使用素材と価格”という観点からすると、最もコストパフォーマンスが高いモデルです。

全国対応!!自転車買取専門店

関連記事
シマノ新Tiagraを発表。4アーム・ケーブル内装化・10速は継続
ついに登場!シマノ105油圧ディスクブレーキシステム

関連するMagazineの記事
10万円代じゃ買えない!初心者っぽくないオトナのロードバイク選び6選
20万円以下!コスパが高い初心者向きロードバイク6台
初心者にオススメの10万円〜15万円で買えるティアグラ搭載ロードバイク6台

1 2