初心者にオススメの10万円〜15万円で買えるティアグラ搭載ロードバイク6台

Bianchi IMPULSO Tiagra/105 10SP COMPACT

150,000円

やはり人気の高いブランドBianchi(ビアンキ)のエンデュランス系エントリーロードバイク『IMPULSO(インプーソ)』。モデル名に「105」と入るので「おぉ!」っとなりますが、実際はシフターのみ105であり、他は全てティアグラです。

このIMPULSOの魅力はフレームの仕上げの美しさです。トップチューブとヘッドチューブを溶接し、その上でモノコック構造の型枠に入れ、一体成型仕上げを行なうハイドロフォーミング製法で作られています。

2012年の「パリ〜ルーベ」という世界的に有名なレースでプロチームが使用したフレームであり、性能はお墨付きの一台です。

FELT F85

124,000円

FELT F85

via FELT

このクラスでは珍しく、上位グレードと同じ7005アルミという素材をフレームに採用する『FELT F85』。「20万円以下!コスパが高い初心者向きロードバイク6台」でご紹介した『F75』のコンポーネント違いです。

ブレーキがノーブランド、前後ハブ、ホイールがFELT自社ブランドの物になっていますが、実際に乗った感想では、初めてロードバイクを乗る人にとっては十分な性能であり、ロードバイクへ乗り慣れてきたらホイールを変えるなどすれば長く乗れる一台でしょう。

まとめ

価格で比較すると、

IMPLUSO > CAAD8 = TREK 1.5 > F85 > FCR0 = DEFY2

となり、GIANTの安さが際立ちます。しかし、比較的高価になるBianchiやTREK、Cannondaleはフレームの素性の良さが光り、F85もBB周辺には溶接痕が見られるものの、ヘッド周りは綺麗に仕上げられています。

秋に登場する新型ティアグラも、これらのモデルへ搭載される可能性は高いのですが、リア段数は10段で据え置かれるので、シフトインジケーターが欲しい場合は現行ティアグラを買ってしまうのも良いでしょう。

ロードバイク初心者は「今、どこのギアに入っているの?」というのがわかりづらいので、オプティカル・ギア・ディスプレイは重宝するはずです。

関連
10万円代じゃ買えない!初心者っぽくないオトナのロードバイク選び6選
20万円以下!コスパが高い初心者向きロードバイク6台

関連カテゴリー

ロードバイク

1 2 3 4