【試乗記事】ヤマハのe-bikeがすごかった!!本格的なスポーツ電動アシスト自転車「YPJ-R」

YAMAHA YPJ-R|本格的なスポーツ電動アシスト自転車に試乗してみた

YAMAHA,YPJ-R,e-BIKE,イマオ

今話題のe-BIKE「 YAMAHA  YPJ-R」。

試乗するまでは、自転車にバッテリーとモーターが搭載されている時点で、「もはやそれはロードバイクではないのでは」と疑問に思う点もあったが、その考えはすぐに覆された。

YAMAHA,YPJ-R,e-BIKE,ロードバイク,イマオ

電動アシストOFFだと重たくて進まない、は間違い

試乗してすぐ思ったのが「電動アシスト機能OFF」の状態だったのにも関わらず、普通のロードバイクとして走行することに何の問題も疑問も感じなかった

電動アシスト自転車」=「アシストがないと重たくて進まない、走らない」と思っていたからだ。

「 YPJ-R」は、機能がOFFの状態でも、一般的なロードバイクとしても何の問題なく走ることができる。普通の平地ならわざわざ「電動アシスト機能」を使用しなくてもいいと思うくらい快適に走ることができた。

「電動アシスト機能」を使うのはどんな時?

YAMAHA,YPJ-R,e-BIKE,アシスト

引用:YAMAHA

折しも「 YPJ-R」を試乗した当日は強い風が吹いており、ロードバイクに乗るには適していなかったと言える。

そこで「 YPJ-R」の電動アシストモードが強風の中でどのような効果を発揮するのかを試してみた。アシストモードは3種類、「HIGH(ハイ)」モード、「STD(スタンダード)」モード、 「ECO(エコ)」 モードだ。

ECOモード

「ECO」 モードを使用し始めると、「少しペダルが軽くなったかな?」という感覚で、自然なペダリングで気がつけば速度が出ている。しかし、強風の中「ECO」 モードでは少々心もとない印象。

STDモード

「ECO」 モードと比べると「漕ぎ出しの速さ」+「ペダリングが楽になった」と感じることができた。信号待ちから発進した場合、最初の漕ぎ出しがだいぶ楽になるだろう。

「STD」モードも物凄くパワーがあるが、強風や急勾配でぐんぐん進む、という感覚ではない。

HIGHモード

「HIGH」モードでは、強風の中でも安定して走行することができた。

ただ、「完全にアシストされている」のではなく、自然なペダリングのなかで、適度にアシストしてくれてるのが伝わってきた。強風のなかでも安定して走行できる安心感は非常に大きかった。

 

フレーム・ディスプレイ・バッテリー容量は?|YAMAHA YPJ-R

1 2 3 4