アウディ5.8kgの超軽量なSport Racing Bikeを発表

all images (C) AUDI AG

Audi Sport Racing Bike

2015年3月3日に開幕した第85回ジュネーブモーターショーにて、ドイツの自動車メーカーAUDI(アウディ)が、ドイツの自転車メーカー「Carbon Sport」が展開するブランド「Lightweight(ライトウェイト)」とコラボレーションした「Audi Sport Racing Bike」を50台限定で販売すると発表。販売予定価格は17,500ユーロ(日本円で約224万円)。

この「Audi Sport Racing Bike」は、アウディのスポーツカーラインナップからインスピレーションを得たモデルとなっており、ロードバイク界では2大サドルメーカーの一つとして挙げられるselle ITALIA(セライタリア)のサドルには、新型AUDI R8のシートにも採用されるナッパーレザーが使用される。

フレームとフロントフォークには、ル・マン参戦マシンであるR18 e-tron クワトロ(R18 e-tron quattro)のコクピットに採用される東レのT1000カーボンを使用し、フレーム単体重量790gを達成。このフレームへShimano Dura-Ace Di2と3Tのフィニッシングキットがセットされ、車体重量は5.8kgと超軽量な仕上りとなる。

Audi Sport Racing Bike

シンプルながら効果的にアウディのブランドイメージを落とし込んだ外観はミュンヘンにあるアウディコンセプトデザインスタジオの手によるものだ。全ての車体には限定50台のシリアルナンバー入り専用バッジがセットされる。

近年、スーパーカーメーカーがスポーツ自転車ブランドとコラボレーションするスーパーバイク市場が賑わっており、アウディ以外にも既にランボルギーニはBMCと、マクラーレンはSPECIALIZEDとコラボレーションしたバイクをリリースしている。

関連カテゴリー

ニューモデル