自転車事故は80%が日中に発生。2km先から見える自転車用デイライト

自転車にもデイライトを

アメリカのブランド『Trek』の自転車用アクセサリーブランド『Bontrager(ボントレガー)』から、日中の視認性を高めるリア用デイライト『Flare R(フレア・アール)』が発表された。

これまでも同様の自転車用テールライトは存在したが、日中の視認性が高められ、2km先からでも視認できるという。『Flare R』は65ルーメンの明るさを持ち、-270度からの被視認性、点滅モードを備える。

自転車事故は日中に起きる

ボントレガーのサイトへ掲載されている情報によると、自転車事故は80%が日中に発生し、アメリカ国内の自転車死亡事故の40%が、後方から追突によるものであり、サイクリストは走行中、自分は視認されていると700%も過信しているという。
出典:http://www.bontrager.com/features/flare_r?lang=ja_JP&region=japan

自動車やバイクではデイライト点灯は常識化

自動車やバイクを運転する人ならば、日中でもデイライトの点灯は常識化しつつある。明るい日中でも、クルマなどを運転していると様々なものが視界へ入るため、車道を走る自転車は見落とされがちになる。

デイライトを装着し、自分が動体である事をアピールする事で、事故を未然に防ぐ可能性が高められる。

http://www.bontrager.com/features/flare_r?lang=ja_JP&region=japan

関連記事
Trek(トレック)の自転車ブランド辞典
【特価情報】トレック・マドン18万円、コルナゴ・CX-ZERO16万円などY’s Roadの完成車
トレックがファビアン・カンチェッラーラの香水『monument』を発表

関連カテゴリー

自転車グッズ