AMG GT-Sのマウンテンバイクが130万円、100台限定で発売『ROTWILD GT S inspired by AMG』

ROTWILD GT S inspired by AMG

via プレスリリース

メルセデス・ベンツのハイパフォーマンスカー部門であるAMGの、『SLS AMG』へ続く2作目となる『AMG GT』。その高性能グレードである『AMG GT-S』にインスピレーションを得たという130万円のハイパフォーマンス・マウンテンバイクが発表された。

関連記事:打倒ポルシェ911を掲げる、メルセデス・ベンツ AMG-GTとは?

AMG GTとは

AMG GT

AMGが『ポルシェ911ターボ』をターゲット・ライバルとして開発をした、GTスポーツカーが『AMG GT』である。AMG製のV8気筒4リッター・ツインターボエンジンを搭載し、上位グレードの『AMG GT-S』では最高出力は510PS/6250rpm、最大トルクは66.3kgm/1750-4750rpmを発揮する。

最高速度304km/h、0-100km加速を4秒でこなすなど、AMGの誇るハイパフォーマンスカーである。米国における販売価格は12万9,900ドル(約1,530万円)と、価格もスーパーカーの部類へ入る。

ROTWILD GT S inspired by AMG

『AMG GT』は、ベーシックグレードの“GT”と、ハイパフォーマンスグレードのの“GT-S”の2グレード構成となっている。そのハイパフォーマンスグレードである“GT-S”へインスピレーションを受けて開発されたマウンテンバイクというのが、『ROTWILD GT S inspired by AMG』である。

ROTWILD GT S inspired by AMG

『ROTWILD GT S inspired by AMG』はドイツのマウンテンバイク・電動マウンテンバイクメーカー“ROTWILD(ロットワイルド)”とAMGのコラボレーションによるモデルで、AMGがスポンサードするMTBプロチームの“AMG ROTWILD MTB RACING TEAM”所属選手が開発へ協力している。

ROTWILD GT S inspired by AMG

イエローメタリックの“ソーラービーム”と、“カーボンブラック”へ彩られた車体は、AMG GTのボディカラーからインスピレーションを得たものだという。

ROTWILD GT S inspired by AMG

コンポーネントはシマノの電動変速システム『Shimano XTR』を搭載。油圧ディスクブレーキの『Formula AMG R1 Racing FCS ディスクブレーキ』は、わずか重量が267グラムである。

ROTWILD GT S inspired by AMG

2015年5月の発売がアナウンスされており、販売予定台数は100台。価格は9,999ユーロ(約130万円)。

関連記事:打倒ポルシェ911を掲げる、メルセデス・ベンツ AMG-GTとは?

関連カテゴリー

ニューモデル