220万円!フェラーリと共同開発のBianchi SF01(ビアンキSF01)発表

第2弾トライアスロンモデル

ユーロバイクでのトライアスロンモデル(モック)発表 提供:Bianchi

この日には、開発中の第2弾モデルについても紹介された。トライアスロン向けのTTバイクだ。

F1マシンのフロントノーズモチーフを象徴とする。ヘッドチューブ、フロントフォーク、ダウンチューブ周り、そして専用のハンドルバーをビアンキとフェラーリで共同開発をしていく。

また、ブレーキはディスクブレーキを採用予定。

フロント部分からビアンキとフェラーリが共同開発していく 提供:Bianchi

「スピードとスタイルの究極の融合」をコンセプトに、スピードを追求しながらもトライアスロンの概念を崩さず、スタイルも追求していくとのこと。UCIのレギュレーション内に収めたタイムトライアルモデルではなく、空力制動性能を重視した、究極のトライアスロン向けエアロバイクである。

こちらのトライアスロンモデルは、2019年以降に発表される予定だ。

関連カテゴリー

2018年モデル, お知らせ, トライアスロンバイク, ニューモデル, ロードバイク, 自転車×クルマ

1 2 3 4