【Bontrager】重さはレタス2枚分!超軽いカーボンサドル発売

圧巻の軽さ、68グラム

ボントレガーの歴史上、最も軽いカーボンサドル「Carbon XXX」が発売されました。一般的なロードバイクのサドルは250~300g程度ですが、Carbon XXXの重量は驚きの68g。数字が小さ過ぎてピンと来ない人には、レタスの外側の葉っぱ2枚分より軽いと言えば、いかに軽量かを分かってもらえると思います。

レタス
参考までに、2014年に完成車重量4.65kgで話題を呼んだÉmonda SLR10に使われた軽量カーボンサドルですら、83gでした。Carbon XXXは、ボントレガーがこれまで培って来た技術力の結晶と言っても過言ではないでしょう。

Bontrager_Carbon_XXX

引用:TREK

Bontrager_Carbon_XXX

引用:TREK

ヒルクライムに有利

ロードバイクは、軽いほど登りが速くなると言われています。ヒルクライムにおいて、この超軽量サドルはアドバンテージになるでしょう。

Bontrager Carbon XXX

アメリカ国内にある最先端の自社設備で製造されているCarbon XXX。軟組織を保護するためにサドル全体にカットアウトを施す、Contour Relief Zone Plus (CRZ+)が採用されています。これにより長距離ライドでの快適性が向上しています。

Bontrager_Carbon_XXX

引用:TREK

カラー ブラック
素材 OCLV XXX カーボン
138mm
長さ 250mm
重量 68g
価格 59,000円(税込)
備考 オーバーサイズレール対応シートポストと7x10mmのクランプが必要

関連記事

関連カテゴリー

自転車グッズ