ダイヤを散りばめた650万円のゴージャス仕様『Cipollini RB1000 Luxury Edition』

イタリアのロードバイクメーカー『Cipollini(チポッリーニ)』から、ダイヤモンドのエンブレムとプラチナのブランドロゴをあしらった、驚愕の高額エアロロードバイクが登場。

Made in ItalyへこだわるCippolini

1990年代、世界選手権優勝、ジロ・デ・イタリア通算勝利最多記録を持つ、イタリア人ロードレーサーのマリオ・チポッリーニが創業したメーカーの『Cippolini』は、Made in Italyへこだわり、一台ずつハンドメイドで仕上げられています。日本ではY’s Roadが輸入代理店として販売を行っています。

そんな、工芸品の様な仕上りを魅せるCippoliniのエアロロードバイク『RB1000』を、さらにゴージャスにしたのが『RB1000 Luxury Edition』。

ダイヤ・金・プラチナがあしらわれたRB1000 Luxury Edition

18金とプラチナの土台に18カラットのホワイト/ブラックのダイヤモンドがちりばめられた、CIPOLLINIのエンブレムが装着される超ゴージャス仕様。ラグジュアリー・エディションの名にふさわしい仕上がりです。

フロントフォーク、ダウンチューブに配される「CIPPOLINI」ロゴもミラータイプのステッカーではありません。プラチナをレーザーで型抜きしたものが貼り付けられているのです。こすり傷を付けてしまったら、一回何万円分になるのでしょうか。恐ろしい。

お値段は650万円!

お値段も勿論ゴージャスで、54,000ドル(約650万円)!
これまでFind Bikeで紹介した中の最高額300万円(BMC Impec 50th anniversary Lamborghini edition)よりも圧倒的に高い!と言え、その価格はダイヤをちりばめたエンブレム代でしょうが。

お金をかけて軽量なカーボンを使い作り上げられたロードバイクを、比重の重たい貴金属とダイヤモンドで飾り付けて重たくするという、なんという贅沢!笑

ちなみに、ベースの『RB1000』は日本でのフレームセット販売価格は54万円(税別)です。

詳しい製造の様子はオフィシャルのビデオで見ることが出来ます。

Cipollini RB1K Luxury Edition from Mcipollini on Vimeo.

Find Bike的まとめ

カスタムカーの世界では、アメリカや日本のカスタムメーカーが時々スワロフスキーを散りばめたモデルを作るので珍しくないのですが、ロードバイクでもこういうモデルが登場し始めたのですね。

そのうち、フレーム全体にスワロフスキーを散りばめたロードバイクも登場するのでしょうか。重そう。
こういうぶっ飛んだクレイジーな事は、割りと好物です。

参照:http://www.mcipollini.com/en/news/la-rb1000-luxury-edition-al-like-bike-di-monte-carlo

関連記事
フェラーリ・ランボルギーニ・マクラーレン、スーパーカーメーカーとコラボしたロードバイク3台
やはり高額!『DOGMA K8-S』の価格が発表&予約受付を開始。

関連カテゴリー

ニューモデル