【1分でわかる】キンタナ2世!?コロンビアの新星エガン・ベルナル

20歳の新星現る!?クライマー選手エガン・ベルナルとは

転載元:http://zatsukan.ltd/eganbernal/
※本記事は許可をいただいた上で転載・掲載を行なっております。

Embed from Getty Images

1997年コロンビア生まれの20歳。身長174cm 体重60kg。

出身地ジパクアラ(シパキラ)は、岩塩鉱山の中に作られた教会で有名である。元々はマウンテンバイクの選手であった。マウンテンバイクの大会MTBジュニア世界選手権では2位(2014年)と3位(2015年)に輝いている。

2016年にアンドローニ・ジョカットーリ所属・プロ転向へ


アンドローニ・ジョカットーリはイタリア・プロコンチームで、プロ初出場はツール・メディテラネアン(フランス)では18位だった。

プロ2年目となる今シーズンは高成績を残している。ジロの前哨戦であるツアー・オブ・ジ・アルプス(旧ジロ・デル・トレンティーノ)のクィーンステージではランダ(スカイ)やフグルサング(アスタナ)、ポッツォヴィーヴォ(AG2R)と互角で渡り合い、ティレーノーアドリアティコで新人賞2位、ツール・ド・ラヴニールでは総合優勝(第7、第8ステージで勝利)を果たした。

チームスカイ契約「27歳で消えるような選手にはなりたくない 」

Apretando dientes 😬😁

Egan Bernalさん(@eganbernal)がシェアした投稿 –


キンタナやアナコナなどのコロンビア人選手が所属するモビスターへの移籍も噂されていたが、スカイと3年契約(~2020)を結び、年俸はこの年代では異例の約1,300万円(€100,000)と報道されたのだ。

キンタナ二世との呼び声が高いベルナルは「22、23歳がキャリアのピークで、27歳に消えるような選手にはなりたくない。」と意気込みをみせた。彼の今後の活躍に注目したい。

関連記事:将来有望な新人選手たちが激突!「ツアー・オブ・カリフォルニア」注目ポイントpart.2

関連カテゴリー

サイクリスト, ロードバイク