安心の日本メーカー

海外メーカーのロードバイクもかっこいいけど、やっぱり日本のロードバイクメーカーも捨てられない。初心者向けのロードバイクだけでなく、世界を舞台に活躍するレーシングバイクも手掛ける日本のロードバイクメーカーをご紹介!

1. BRIDGESTONE(ブリヂストン)
2. Khodaa Bloom(コーダーブルーム)
3. PANASONIC(パナソニック)
4. ANCHOR(アンカー)
5. BOMA(ボーマ)
6. YONEX(ヨネックス)
7. ROCKBIKES(ロックバイクス)

BRIDGESTONE(ブリヂストン)

BRIDGESTONE RS9s DURA-ACE

参照:ANCHOR

BRIDGESTONE(ブリヂストン)は日本の自転車ブランド。

1949年、ブリヂストンタイヤ株式会社より分離独立、「ブリヂストン自転車株式会社」として設立された。1976年に、「ブリヂストンサイクル株式会社」に改称された。1985年、構造接着工法の開発によって、アルミ・カ-ボン等新素材を自転車フレ-ム量産に取り入れた。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)ホームページ

Khodaa Bloom(コーダーブルーム)

KHODAA BLOOM STRAUSS DISC 105 2

参照:Khodaa Bloom

Khodaa Bloom(コーダーブルーム)は日本の自転車ブランド。

KhodaaBloom(コーダーブルーム)は国内自転車販売台数2位のホダカ株式会社が展開するロードバイクブランド。2008年に誕生した自転車ブランドで、「日本人が企画した、日本人のためのスポーツバイク」をコンセプトに、カーボンロードバイク・アルミロードバイクの開発に力を入れている。

ラインナップされる車種の完成車はシティサイクルの「Marukin(マルキン)」ブランドも展開するホダカが企画しているだけあり、総じて海外ブランドの完成車と比較して割安な価格となるモデルが多い。

Khodaa Bloom(コーダーブルーム)ホームページ

ANCHOR(アンカー)

BRIDGESTONE RS8 105

参照:ANCHOR

ANCHOR(アンカー)は日本の自転車ブランド。

ANCHORは日本の自転車メーカーでは最大規模となるブリヂストンサイクルのレーシングバイクブランドである。スチールフレーム製法Neo-Cot(ネオコット)を使ったRNCシリーズや、カーボンフレームやアルミフレームのレースモデルを多数製造・販売している。

UCIアジアコンチネンタルチームの「チームブリヂストン アンカーサイクリングチーム」を擁し、世界最高水準のレースシーンからフィードバックを受けたトップレベルのレーシングバイク作りで、プロからエントリーユーザーまで幅広い支持を得ている。

※現在はBRIDGESTONE(ブリヂストン)に名称変更

ANCHOR(アンカー)ホームページ

BOMA(ボーマ)

参照:BOMA

BOMA(ボーマ)は日本の自転車ブランド。

カーボン繊維の輸出商社を母体とする株式会社ASK TRADING(エーエスケートレーディング)が2006年に誕生させたブランド。ブランド名のBOMAは「望んだままに動く」「人馬一体」を示す言葉として『望馬』を当て字したことからとしている。

元来カーボン繊維を取り扱っている事から、自社向上と提携工場にて、カーボンのホイール・ハンドル・フロントフォーク・ステムなども製造する。生産拠点は台湾と中国に持ち、欧米ブランドのハイエンドモデルへOEMの提供も行なう。また競輪のガールズケイリンで使用さるカーボンフレームを製造する。

BOMA(ボーマ)ホームページ

YONEX(ヨネックス)

YONEX CABONEX

参照:YONEX

YONEX(ヨネックス)は日本の自転車ブランド。

テニス、バドミントンのラケットで世界的に大きなシェアを持つYONEX(ヨネックス)が、カーボンラケットの製造で培った技術を投入して作るロードバイクが、YONEX CARBONEX(ヨネックス・カーボネックス)シリーズだ。

MADE IN JAPANにこだわり製造されるカーボン製フレームは、ヨネックスがラケット製造において40年近く蓄積してきたカーボンファイバー(炭素繊維強化プラスチック)成型技術がふんだんに投入されており、ヨネックスの新潟工場の職人が一台ずつ手作業で作り上げる。

YONEX(ヨネックス)ホームページ

ROCKBIKES(ロックバイクス)

ROCKBIKES

参考:ROCKBIKES

ROCK BIKES(ロックバイクス)は日本の自転車ブランド。

目指したのは「上品さと色気が同居する、目立ってなんぼのグラマラスな自転車」。大手メーカーからたった2人で独立し、「自分たちが欲しい自転車を作ろう」という若者によって立ち上げられた日本人のための日本人による新たなジャパンサイクルブランド。ストリートなイメージだが、アッセンブルされるパーツやデザインには強いこだわりを持ち、リーズナブルで乗りやすいバイクを発信。

ROCKBIKES(ロックバイクス)ホームページ