伊国内選手権・欧州大陸選手権・パリ〜ルーベ覇者

2021年10月4日に行われた最も過酷なクラシックレース 「パリ〜ルーベ」を制したのは、イタリアのソニー・コルブレッリ(1990年生まれ)。さらにコルブレッリは「パリ〜ルーベ」以前の6月に開催された「ロード イタリア国内選手権」と、9月に開催された「ロード ヨーロッパ大陸選手権」も制覇している。その証拠に「パリ〜ルーベ」ではヨーロッパチャンピオンジャージのデザインをメインとしながら、袖部分にイタリアの3本線があしらわれたジャージで出場した。

Sonny Colbrelli Paris Roubaix

「Team Bahrain Victorious」に所属しイタリア国内選手権を制したコルブレッリは、イタリア国旗の3色を大胆にあしらった特別仕様の「MERIDA REACTO」で6〜7月の「ツール・ド・フランス」にも出場している。

しかし、ヨーロッパ大陸選手権を記念した車体はなかなか見ることができずにいたが、そのモデルがついに明かされた。

ヨーロッパ大陸チャンピオンジャージのデザインがフレーム全体に施されたデザイン。

欧州チャンピオンジャージを着てこの特別な「リアクト」に乗るコルブレッリと、アルカンシェルを纏い特別な「ターマック」に乗るアラフィリップ。その2人のツーショットが見られる日が楽しみだ。

スロベニア国内チャンピオンモデルも

Bahrain Victorious Matej Mohorič MERIDA REACTO

コルブレッリとともに「Team Bahrain Victorious」に所属し、「スロベニア国内選手権」を制したマティ・モホリッチにも、スロベニア国旗の3色をあしらった「MERIDA REACTO」の特別モデルが供給された。

この異なるトリコロールがデザインされた「リアクト」に乗った2人は、ツール・ド・フランスにともに出場し、「バーレーン・ヴィクトリアス」のチーム総合優勝に大きく貢献した。

メリダについて(ブランド辞典)・2022年モデル

MERIDA

↓2021年「パリ〜ルーベ」を走った全21モデル一挙紹介!

動画と振り返る!「パリ〜ルーベ」ロードバイクまとめ 全21モデル!/レース向け・ロングライド向けロードバイク 2021・2022年モデル

1 2 3