消耗品は大丈夫?

ロードバイクの多くのパーツは消耗品だ。特に、購入前のチェーン、タイヤ、ブレーキ/変速ワイヤーの確認は必要だ。通常、ほとんどのショップが整備やチェック等を行っているが、自分の目で確認しよう。チェーンの消耗具合は見るだけでは確認しづらいが、タイヤは溝が残っているか、ワイヤーはほつれていないかなど見える、分かる範囲で確認しておこう。

変速パーツの年式に注意しよう

ロードバイクの変速パーツは、約4、5年周期で互換性が変わる事もある(正確には変速段数)。

例えば、シマノ10速と11速では変速段数が違うため、パーツに互換性がない場合がある。2020年7月現在では、11速が主流だ。もしも10速、もしくはそれ以下の変速段数の自転車を購入した場合、将来的にホイールなど一部のパーツのアップグレードを行うにも、互換性がなければ全取っ替えという事も。余分なコストがかからないようにする為にもなるべく最新のバイクを購入しよう。

フレームの程度をチェックしよう

1 2 3