ディスクブレーキのメリット・デメリット、知っていますか?

ディスクブレーキのメリット

ディスクブレーキにすることでのメリットは、何よりも今まで以上に制動力が高まることだ。つまり、ブレーキがぎゅっとかかりやすい、ということ。

制動力が高まるということは、特に山の下の時や急な障害物と出くわした時、プロ選手ならば、曲がった矢先に崖だった時など、制動力が高いことで死と隣り合わせだった事故リスクを下げてくれる可能性がある

これはプロ選手だけではなく、ホビーレーサーこそ、弱い力でしっかり制止できることで安全面、怪我や事故のリスクから命守るのに重要になる。

特にロングライドで疲れた時などは、どうしても握力が落ちてしまう。そんな時に小さな力でもしっかりブレーキのかかるディスクブレーキの力が発揮されるだろう。

ディスクブレーキのデメリット

現状の考えられるデメリットは、ディスクブレーキ 導入にあたり価格が高くなる。そしてブレーキの調整メンテナンスが今まで以上に難しくなってくる、ということだ。

特にメンテナンスは専門のプロショップに持ち込む必要が出てくるだろう。s

プロロード界のディスクブレーキってどうなったの?

1 2 3 4