海外メディアの2018ワールドツアー・チームの自転車レビューが面白い!

海外メディアは2018ワールドツアー・チームの自転車をこう見てる

転載元:http://zatsukan.ltd/bikes2018worldtour/
*本記事は許可をいただいた上で転載・掲載を行なっております。

CyclingTipsがツアー・ダウンアンダー(2018年1月16日〜21日)で、ワールドツアー各チームが2018年に使用する自転車のレビューが行われた。

「シマノ」ありきは変わらず

カーリー・フレッツ(以下CF):いまツアー・ダウンアンダーに来ているんだ。これから2018年シーズンの各チームの新しい自転車を見ていこうと思う。

今季はあまり”目新しい製品”がないって聞いているけど、実際はどうなんだい?

デヴィッド・ローム(以下DR):まず基本的なところだと「シマノのワールドツアーチームの独占」がまだ続いている。18チーム中14チームがシマノのコンポーネント(ブレーキやギヤ周辺の部品)を使っているんだ。

さらにシマノはパワーメーターの分野でもその勢力の拡大を狙っていて、早速複数のチームが「SRM→シマノ」に代わっている(昨季FDJのみから今季は6チームまで拡大)。

CF:力づくか資金力か、あるいはチームが単純にシマノ製品のことが好きなのかな?本音はわからないけど。

DR:また、同じシマノ製品でも正式なスポンサーなのか、それとも自転車メーカーが採用(購入)しているだけなのかはわからない。例えばスペシャライズド(ボーラ・クイックステップ)はメーカーが採用しているが、BMCやスコット(ミッチェルトン)は公式提供されている。

また(EFやDDのように)ギヤのセットがメーカーで統一されていない自転車もある。AG2RのFACTOR(ファクター)などもそうだ。SRMのクランクに、セラミックスピードのBB、リアディレイラー(セラミックスピードのOSPW)をよく見ても、絶対に提供じゃないよな。

Embed from Getty Images

CF:EFエディケーション・ファーストは長らくシマノを購入していたね。だってキャノンデールのグループセットとクランクセットだったし。

DR:タイヤでもそれ(シマノの提供か否か)がわかる。EFは今季ホイールをマヴィック→ヴィジョンに変更している。

Embed from Getty Images

CANYON・SCOTT・Bianchi・TREK

1 2 3 4