初心者にオススメの10万円〜15万円で買えるティアグラ搭載ロードバイク6台

Tiagra(ティアグラ)とは?

街乗り以上、レース入門グレード

ロードバイクのコンポーネントで圧倒的なシェアを持つ、シマノのロードバイク入門者向けモデルです。ティアグラは初めてロードバイクへ乗る人にとっては買いやすい価格帯でありながら、初心者向けレースへの出場まで視野に入れた、初めての一台にはちょうど良いコンポーネントです。

街乗り用以上の性能を持ちながら、レース入門用のコンポーネントという性格であり、主に10万円台のロードバイク完成車へ搭載されています。

関連
10万円代じゃ買えない!初心者っぽくないオトナのロードバイク選び6選
20万円以下!コスパが高い初心者向きロードバイク6台

 

ティアグラを搭載する10万円台のロードバイク

ティアグラが搭載される完成車は主に、アルミフレームを持つロードバイクが多く、各ブランド共に入門用ロードバイクとして位置付けています。そのため本格的なロードバイクとしては安めの、10万円台のモデルが多く存在します。

ヒルクライムへ挑戦したい、本格的なレースへの参戦をしたい、という事であれば最低でも105以上のコンポーネントをおすすめしますが、その場合は既にロードバイク地獄へハマりきった状態であり、カーボンフレームのバラ完(フレームやコンポーネントなどパーツ類を全て自分で選びオーダーする買い方)に走っているはずです。

アルミフレームはカーボンフレームへ比較し重量がかさみ、乗り味も“硬い”と評される事も多いのですが、そもそも乗り味がわかる程、色々なロードバイクへ乗った事がない初心者には、その違いはなかなかわからないものです。

まずは比較的安価ながら、最低限本格的なロードバイクとしてのパーツ精度を持って作られるティアグラ搭載の完成車を購入し、ロードバイクの楽しさを知ってからステップアップするのも良いのではないでしょうか。

2016年には新型のティアグラ4700系が登場予定

2011年に現行の4600系へモデルチェンジが行なわれ、リアの変速段数が10段とされました。そして先日発表次期型の4700系が2016年に登場予定です。

ティアグラ4700系ではクランクが4アーム化され、ワイヤーも内装化、STIレバーからオプティカル・ギア・ディスプレイが廃止と、様々な変更がなされています。

新型ティアグラは2016年モデルのロードバイクへ搭載され販売される見込みです。

■新型ティアグラのニュース記事
新Tiagra4700シリーズは何が進化したか?4600と比較
シマノ新Tiagraを発表。4アーム・ケーブル内装化・10速は継続

今、ティアグラを選ぶ理由は?

モデルチェンジが控えているのにも関わらず、今ティアグラを選ぶ理由は、秋の新モデル発売へ向け、現行型の在庫車両が値引きされて販売されるからです。モデルチェンジでもリア10段は変わらないため、パーツの互換性もあります。

よって、最初の一台は安めの一台が良いという人にとっては、これから秋に向けてティアグラ4600系を搭載した完成車が狙い目なのです。

前置きが長くなってしまいましたが、ティアグラを搭載する初心者向け10万円〜15万円のロードバイク完成車6台をご紹介します。

1 2 3 4