軽さは正義!? 6kg台の軽量ロードバイク12選 〜前編

6kg台のロードバイク=Lサイズのスイカの重さ

最近は、4kg台のロードバイクが発表されるなど、ロードバイクの歴史は軽量化の歴史でもあります。ところが、UCI(国際自転車競技連合)の公認レースに出場するためには、最低でも6.8kgなければならないと規定されているためか、市販されている軽量ロードバイクの主流は6kg台。

とは言え、少し小ぶりなサイズ(L)のスイカがおよそ6~7kgですから、6kg台のロードバイクを初めて持ち上げた人は、その軽さに驚くはずです。

スイカ

今回は6kg台のロードバイクを様々なメーカーから集め、重さ順にご紹介していきます。

CANYON AEROAD CF SLX 9.0

低いポジションを取れるジオメトリーはまさにプロ仕様。登り坂で強みとなる軽さの他、ゴール前でのスプリントに応える横剛性、荒れた路面でもハンドリングが安定するなど、必要な性能を全て兼ね備えたエアロレースバイクの完成形といえます。

AEROAD CF SLX 9.0 

引用:CANYON

AEROAD CF SLX 9.0

引用:CANYON

AEROAD CF SLX 9.0

重量 6.9kg
フレーム  CANYON AEROAD CF SLX R28
フォーク CANYON AEROBLADE SLX F30
サイズ 2XS、XS、S、M、L、XL、2XL
メインコンポーネント シマノ DURA-ACE
希望小売価格 599,000円(税抜き)
カラー STEALTH – ASPHALT GREY、
CHERRY PEPPER

重量:6.9kg IZALCO MAX

1 2 3 4 5 6