Cervélo(サーヴェロ)の全く新しい、ディスクブレーキを持つエンデュランスロードバイクC5が登場 – 2016年モデル

Cervelo C5 2016

カナダのメーカーCervélo(サーヴェロ)は、新たにエンデュランスロードバイクとしてディスクブレーキを持つ『C』シリーズを発表した。

テーマは、全ての道を制覇せよ

他のサーヴェロとは毛色の異なる一台

Cervelo C5 2016

サーヴェロCシリーズのテーマは「Conquer Every Road(全ての道を制覇せよ)」だ。あらゆる路面状況において、より快適に、より遠くへ行くために設計したというこのモデルは、ビジュアル面からも他のエンデュランスロードバイクとは少し毛色が異なる様だ。

グラベルロードを意識した設計

Cervelo C5 2016

オフィシャルムービーの開発責任者Phill Spearman氏のインタビュー中の言葉や、テストライダー達による走行シーンからしても、グラベルロードでの走行を念頭に置いた開発が行われている様だ。

21C〜32Cのタイヤ幅へ対応。完成車には28Cタイヤがセットされる。

Cervelo C5 2016

ディスクブレーキが搭載されるリアトライアングルはリアエンド/シートステー/チェンーステーを一体成型とし、剛性と軽量さをバランスさせている。太めのチェンーステーに対し、シートステーはかなり細い弓なりの形状とされる。

ダウンチューブ下部には砂利や小石による傷からフレームを守るプラスチック製のカバーが取り付けられ、かなり悪路走行を意識している。

フレーム単体重量850g

Cervelo C5 2016

荒れた路面でのヒルクライムシーンをスムーズに走るため、軽量さも重視されており、フレームの単体重量は850g(スモールパーツ込の重量)であり、エンデュランスロードのカテゴリにおいては最軽量の部類だ。

ハンドリング性の向上させるべくBBの位置は極端とも言える程に低く(55mm!?)設定し、低重心化され、先進的な設計思想が垣間見える。

Rca同様、プロジェクト・カリフォルニアによる一台

Cervelo RCA

Cervelo RCA

それもそのはず、この「Cシリーズ」はサーヴェロの「プロジェクト・カリフォルニア」によって生み出されたモデルだからだ。

「プロジェクト・カリフォルニア」とは、2008年に設立された新製品の開発拠点。「ロードバイクとトライアスロンバイクにおいて、常に業界のリーダーであること」を企業理念に掲げるcervelo社の中核施設です。常に先進的で、より速い最高のバイクを生み出すことを目的とする。超軽量ロードバイク「Cervelo Rca」もここで生み出された。

つまり、この「Cシリーズ」はサーヴェロの革新的な方向性を示すモデルであると言えるだろう。

2016年末までにC3をデビューさせる

Cervelo C5 2016

CシリーズはトップモデルのC5を始めに、2016年12月までに下位モデルのC3までを揃えるという。サイズ展開は48, 51, 54, 56, 58, 61の6サイズ。

Dura-Ace Di2完成車で約109万円

日本での発売時期や価格は不明だが、アメリカでの販売価格はデュラエースDi2仕様の完成車で9,000ドル(約109万円)とされている。

C5 Dura-Ace Di2 (2016)

デュラエースDi2完成車価格:9,000ドル

ForkCervélo All-Carbon, Tapered C5 Fork for Disc
HeadsetFSA IS2 1-1/8 x 1-1/2″
SeatpostFSA K-Force for Di2
Rear DerailleurShimano Dura-Ace Di2 9070, 11 spd
Front DerailleurShimano Dura-Ace Di2 9070, 11 spd
ShiftersShimano Di2 ST-R785 11 spd
Brake CalipersShimano BR-RS805 Hydraulic Disc
Bottom BracketRotor PF-30
CranksetRotor 3D+ BBright™, 50/34
HandlebarFSA K-Force Compact
StemFSA OS-99 CSI
Saddlefi’zi:k Antares VS
CassetteShimano Dura-Ace 9000, 11 spd, 11-28
ChainShimano HG900, 11 spd
WheelsHED Ardennes Plus LT DIsc
TiresContinental Grand Prix 180 tpi, 700x28c

関連カテゴリー

2016年モデル, ニューモデル, 自転車ニュース