ジロ・デ・イタリアで電動ロードのステージレース「Giro E」が開催!Pinarello(ピナレロ)のNytroを使用!

本格電動ロードバイクレース「Giro E」開催

ワールド・ツアーの2018シーズンが始まり約4ヶ月、早くも5月のジロ・デ・イタリアの開催が目前に感じられてきた。

そのジロ・デ・イタリア2018で、e-bike(e-ロードバイク)を使ったロードレースが開催されるとジロ・デ・イタリア公式ウェブサイトで発表されている。

公式ウェブサイト:http://www.giroditalia.it/eng/news/giro-e-announced-in-rome-the-giro-ditalia-on-e-bikes/

18ステージで構成される本格ステージレース

レース名はジロ・デ・イタリアにちなんで「Giro E」。ただのデモンストレーションではなく、第18ステージまである本格的なステージレースだ。第1ステージは、5月8日からイタリア・シチリアでスタートする。(ジロ・デ・イタリアの第4ステージが同日開催)

ジロ・デ・イタリアのコースをまずGiro Eで電動ロードバイクが走行、そのあとジロ・デ・イタリアの選手が走行するという。

現在発表されている内容としては、2人1組で5チームが参戦し、全てのチームが同じ電動ロードバイクのモデルに乗って競われるとのことだ。

Giro EのスポンサーはEnel、Pinarello、そしてTAG Heuerの3社と発表されている。

使用車はPinarelloのe-ロードバイク「Nytro(ナイトロ)」

NYTRO(ナイトロ)

NYTRO 引用:Pinarello

2017年に公開され、2018年1月よりヨーロッパ市場で発売開始された「Nytro」。基本的なフレームジオメトリはDOGMA F10を継承している。最大アシスト速度は時速25kmだ。重さは最軽量クラスの約13kg。(残念ながら、日本国内では規制により輸入販売できない)

レースに先駆けて電動ロードと電動F1マシンが走行

Giro Eに先駆けて、電動F1マシンとのフォーミュラー Eサーキットを走行するイベントが行われた。Nytroに乗ったのはチームスカイのイタリア出身選手ジャンニ・モスコン。同じくイタリア出身の元フェラーリのF1ドライバー、ジャンカルロ・フィジケラが電動F1マシンを運転した。

果たして参加チームは?選手は?そしてレースのルールは?気になるところばかりではないだろうか。

2017年にはUEC(ヨーロッパ自転車競技連合)がeバイクを使用したレースを正式種目化するよう、取り組みを進めていることを発表している。今後展開されるであろう電動ロードバイクレース、まずはこの「Giro E」に注目していきたい。

関連記事:eバイクのレースカテゴリを正式種目化へ取り組み、UEC(ヨーロッパ自転車競技連合)が発表

関連カテゴリー

eバイク, ロードレース