「グスト(GUSTO)」は、台湾のロードバイクメーカー。

2006年にカーボンパーツメーカーとして創業した後に、自社ブランドを立ち上げた。

現在ではUCIヨーロッパツアーを主戦場に走るプロチーム「リュブリャナ・グスト」やアジア圏のプロチームにもフレームを供給している。コストパフォーマンスに優れたレースバイクとして、初心者から上級者までお勧めできるブランドだ。

2021年モデルは「レンジャー(RANGER)」シリーズから2モデルと日本限定モデルの「RCR DURO SPORT EVO」が登場。以下スペックまとめをご紹介していく。

レンジャー(RANGER)シリーズ

RANGER DISC TEAM LIMITED(レンジャーディスクチームリミテッド)

参照:GUSTO

2021年からディスクバイクとして登場。高剛性の「東レT1000カーボン」を採用、レースでも十分な性能を持つ。コンポーネントにはアルテグラR8000を搭載し、11-28Tギアを標準装備。オールラウンドにこなせる1台で30万円台と高いコストパフォーマンスを誇る。

サイズ S/M/L/XL/XXL
カラー Gold
コンポーネント シマノアルテグラ
重量 8kg
価格(税抜) 328,000円

RANGER DISC SPORT(レンジャーディスクスポーツ)

参照:GUSTO

コンポーネントにシマノ105を搭載のミドルグレード。フレームのスペックはRANGER DISC LIMITEDと同等だ。

サイズ S/M/L/XL/XXL
カラー Lava RED
コンポーネント シマノ105
重量 8.5kg
価格(税抜) 238,000円

RCR DURO SPORT EVO(RCRデュロスポーツエヴォ)

参照:GUSTO

日本限定モデルの「RCR DURO SPORT EVO」。

振動吸収性に優れ、高い安定性と快適性を持つ。レースはもちろん長距離サイクリングにもオススメの1台。

サイズ S/M/L/XL
カラー Lave Red/Graphite/Bule
コンポーネント シマノ105
重量 7.6kg
価格(税抜) 228,000円