初ロードバイクのおすすめ予算が15万円の理由

初めてのロードバイクを購入するとき、よく勧められる予算設定が15万円〜20万円です。なぜ15万円なのでしょうか?

初心者はアルミフレームがおすすめ

ロードバイクをはじめた人は、将来的に上位のカーボンフレームにしたくなることが多いため、エントリーモデルからカーボンフレームが良いという意見もあります。ですがカーボンフレームは転倒や落車で破損しやすい繊細な特性もあるため、ここでは耐久性の高いアルミフレームのロードバイクをおすすめします。

アルミフレームはカーボンフレームより重い素材ですが、アルミフレームでも軽量化されたモデルがたくさんあります。

15万円は選択肢の増える価格帯

エントリーモデルとはいえ、自分の好みにあった自転車を選びたいもの。加えていえば、「少しでも性能の良いものに長く乗りたい」と思うのが当然だと思います。

実は、各メーカーが「充分な性能を備えているアルミフレームのエントリーモデル」は15万円前後で展開されていることが多いのです。つまり、15万円の予算は必然的に選択肢が増える価格帯ということになります。

コンポーネントはシマノ105搭載がおすすめ

ロードバイクの部品のうち、主に駆動や制動に関する、セットで設計・搭載される部品がコンポーネントと呼ばれます。サドルやペダルなどはコンポーネントには含まれません。

日本で販売されている完成車の多くには、SHIMANO(シマノ)という日本のメーカーのコンポーネントが搭載されています。

コンポーネントにもグレード(階級)があり、105は上から数えて3番目のグレード。105以上のグレードは変速ギアが11になるため、ゆくゆくはレースに出たいと思っている人は、「コンポは105以上が良い」とよく言われます。

本格的にハマった人が下位グレードから上位のコンポーネントに変更したくなるケースは少なくないため、最初から105が搭載されたロードバイクから始めるといいと言われることが多いのです。

シマノ コンポーネントのグレード

名前 変速ギア
1 DURA-ACE デュラエース 11速
2 ULTEGURA アルテグラ 11速
3 105 イチマルゴ 11速
4 Tiagra ティアグラ 10速
5 SORA ソラ 9速
6 Claris クラリス 8速

変速ギアは、変速の数が多ければ多いほど、走行中、坂や平坦な道などの様々な道路事情にあわせて適切なギアを選べるため走りやすくなります。

GIANT & MERIDA