RIDLEY(リドレー)のロードバイク【2018年モデルまとめ】

FENIX SL

FENIX SL(フェニックスSL)は、軽量性、パフォーマンス性、快適性を追求したプロユースのエンデュランスロードとして誕生した。リアトライアングルにはHELIUMスタイルを採用、また、リアセンターをほんの少し伸ばした新しいジオメトリーにより快適性と走行性を高い次元で両立させている。従来のFENIXと比べると250g以上軽くなった点も見逃せない。

FENIX SL

引用:RIDLEY

FENIX SL

引用:RIDLEY

フレーム 30. 24 ton HM Carbon
サイズ XXS、XS、S、M(D611As のみ)
カラー D611As
R-FSL02As
フレームセット価格 228,000円(税抜)

FENIX SL DISC

FENIX SLをベースとして誕生したディスクブレーキ搭載モデルがFENIX SL DISCである。FENIX SLの快適性やパフォーマンスを失うことなく、ディスクブレーキ化によりストッピングパワーは15%も増した。このディスクブレーキによるフレームとフォークへの負荷に対応するため、カーボンレイアップが強化されている。また、タイヤは30Cまで対応している。

FENIX SL DISC

引用:RIDLEY

フレーム 30. 24 ton HM Carbon
サイズ XS, S
カラー R-FSL02As
FSL02Cs
フレームセット価格 238,000円(税抜)

LIZ SL

LIZ SL(リズSL)はFENIX SLのフィードバックを受けて30.24ton ハイモジュラスカーボンにグレードアップしたプロレベルウィメンズロードフレームだ。ウィメンズジオメトリーからFENIX SLのジオメトリーと共通になったのもポイントだ。ロット・ソウダル・レディースチーム(Lotto–Soudal Ladies)が世界中のレースで使用している。

LIZ SL

引用:RIDLEY

フレーム 30. 24 ton HM Carbon
サイズ XXS
カラー LSL01Am
フレームセット価格 228,000円(税抜)

エンディランスロード
オールロード

1 2 3 4 5