限られた予算で最高の一台が欲しい

ロードバイクの種類を数えたらキリがない。アセンブルされたコンポーネントや、フレーム素材、ブレーキシステムなど人によって優先項目は様々だ。中でも一番の基準は「価格」、という方は多いだろう。

ロードバイクの世界では上を見たらキリがなく、予算が限られている人にはその分選べるロードバイクは絞られて行く。とはいえ、それでも各メーカー市場に出すロードバイクは多く、「あと少し(予算的に)頑張れば・・・」と目移りしがちなのがロードバイク選びの困ったところ。

そんなあなたに、「これだけの予算で一番いいものを」選びやすいように、各ロードバイクメーカーから価格を限定してピックアップ。今回の選定基準は以下の二点。

  • 各メーカー予算50万円でフレーム素材、コンポーネントの項目で最高性能を持つモデル
  • 完成車のみの選定
  • フレームセット販売のみのメーカーは予算から10万円を差し引いた40万円内で最高のフレームを選定

【ARGON18|アルゴン18 】

GALLIUM PRO|ガリウム プロ

アルゴン18においては軽量オールラウンドモデルのガリウムシリーズ。上位モデルにはあらゆるポジショニングに対応する3Dシステムを搭載、コラムスペーサーを使わずにヘッドチューブの長さを擬似的に可変にすることで、剛性を確保したままポジションを変更できる。

GALLIUM PRO(ガリウム プロ)

  • メーカー:ARGON 18(アルゴン エイティーン)
  • モデル名:GALLIUM PRO(ガリウム プロ)
  • カラー:BLACK-WHITE GLOSS/BLACK-GREY MATT
  • サイズ:XXS/XS/S/M
  • 重量:759g/316g(フレーム/フォーク)
  • 税抜価格:380,000円(フレームセット)

NITROGEN|ナイトロジェン

ディスクブレーキモデルのみの展開となったナイトロジェン。過去モデルのリムブレーキロード、ナイトロジェンプロと同一の型を使用し、アルゴン18の培った技術を受け継ぐ。ディスクブレーキ化に伴い、フロントフォークを新型化。系適性はそのままに横剛性を80%向上させた。アルゴン18の3Dシステムも健在。完成車実測7.2kgというエアロロードらしからぬ軽さによる登板性能も見逃せない。

NITROGEN DISC(ナイトロジェン ディスク)

  • メーカー:ARGON 18(アルゴン エイティーン)
  • モデル名:NITROGEN DISC(ナイトロジェン ディスク)
  • カラー:COOL GREY GLOSS/ASTANA
  • サイズ:XS/S/M
  • 重量:948g/378g(フレーム/フォーク)
  • 税抜価格:320,000円(フレームセット)

【CERVELO】