6万円台から購入できる初心者にもオススメのBianchi(ビアンキ)のクロスバイク

憧れのBianchi

自転車好きの人から憧れの自転車ブランドとしてよく名前があがるBianchi(ビアンキ)。チェレステカラーと呼ばれる独特の青緑が有名なイタリアのブランドだ。ビアンキのロードバイクはエントリーグレードでも10万円を超え、ハイエンドモデルのSPECIALISSIMA(CAMPAGNOLO SUPER RECORD EPS)に至っては、税込で210万円強と超高額だ。

18-SPECIALISSIMA-SUPER-RECORD-EPS-1H

SPECIALISSIMA(CAMPAGNOLO SUPER RECORD EPS)価格:1,950,000円(税抜) 引用:Bianchi

この価格設定もビアンキが憧れの対象となる要因の一つなのだが、クロスバイクとなると値段はグッと下がる。シティサイクル(ママチャリ)よりスポーティーな自転車が欲しいけれど、ロードバイクは本格的過ぎると感じる人たちにとって、クロスバイクはベストの選択と言えるだろう。今回はビアンキのクロスバイクを6モデル紹介する。

関連記事

Bianchi(ビアンキ)のチェレステカラーにまつわる3つの仮説

ビアンキのクロスバイク 6万円台〜9万円台

CAMALEONTE1

CAMALEONTE1(カメレオンテ1)はビアンキのロングセラーモデル。メインコンポーネントはシマノ製。ハイドロフォーミング技術を使った美しいフレームが特徴だ。税抜き価格が6万円台と言うのは大きな魅力だろう。

18-CAMALEONTE-1-MATT-CK16

引用:Bianchi

18-CAMALEONTE-1-MATT-WHITE

引用:Bianchi

18-CAMALEONTE-1-MATT-GREY

引用:Bianchi

18-CAMALEONTE-1-MATT-BLACK

引用:Bianchi

フレーム Alloy
フォーク Steel 1.1/8″
カラー Matt Black / Matt CK16 / Matt Grey / Matt White
サイズ 43 / 47 / 51 / 55
価格 69,000円(税抜)

ROMA4

CAMALEONTE1のトップチューブが弓なりなのに対し、ROMA4は直線だ。写真で比べると、フレームの形状が大きく異なることが分かるだろう。CAMALEONTE1との価格差はわずか1,000円。カラーバリエーションも違うため、どちらかで迷ったらデザインで決めることをオススメする。

18-ROMA-4-MATT-MILITARY-GREEN

引用:Bianchi

18-ROMA-4-MATT-GREY

引用:Bianchi

18-ROMA-4-BLACK

引用:Bianchi

18-ROMA-4-WHITE

引用:Bianchi

18-ROMA-4-CK16

引用:Bianchi

フレーム Alloy
フォーク Alloy 1.1/8″-1.5″
カラー Black / CK16 / Matt Black/Pink / Matt Grey
Matt Military Green / White
サイズ 43 / 46 / 50 / 54 / 57
価格 70,000円(税抜)

ROMA3 (SHIMANO CLARIS DISC MECHANICAL)

ROMA4と比べ28,000円高いROMA3ROMA3はシフターやディレイラー(変速機)にシマノのClaris(クラリス)を採用している。クラリスは一般的にロードバイクに使用されるコンポーネントである。また、ディスクブレーキも採用されている。ROMA4との価格差は、主にこの2点の違いと言って良いだろう。

18-ROMA-3-MATT-NAVY

引用:Bianchi

18-ROMA-3-NUDE

引用:Bianchi

18-ROMA-3-MATT-CK16

引用:Bianchi

18-ROMA-3-MATT-BLACK

引用:Bianchi

フレーム Alloy
フォーク Alloy 1.1/8″-1.5″
カラー Matt Black / Matt CK16 / Matt Navy
Matt White / Nude
サイズ 43 / 46 / 50 / 54 / 57
価格 98,000円(税抜)

ビアンキのクロスバイク 10万円台〜

1 2