完成車重量7.4kgのKhodaaBloom(コーダーブルーム)『Farna SL』2016モデル発売

2015年12月11日、KhodaaBloom(コーダーブルーム)のアルミロードバイク『Farna SL』2016年モデルが発売となった。アルテグラ完成車重量7.4kgの超軽量アルミロードバイク。

世界最軽量のアルミロードバイク

2014年に登場したKhodaaBloomのアルミロードバイク『Farna SL』シリーズである。フレーム素材にはEAST-SL(Ex-Aluminum Shaping Technology Super Light) と名付けられた重量比剛性に優れる6011Aアルミ合金が採用され、極限までフレームパイプの肉厚を薄くするトリプルバデット加工が施されている。

さらに、フレームの溶接痕を滑らかにするスマートウェルディング技術により、美しい仕上がりを見せている。ワイヤーは内装式ながら、日本人向けの右前ブレーキ・左後ブレーキに対応したワイヤーに無理のないルーティングが操作性の向上に貢献する。「日本人が開発した、日本人の為のロードバイク」を標榜するコーダーブルームならではの仕様だ。

2016モデルFarna SLには新色が追加

2015年モデルから引き続き『Forna SL』は完成車のみが販売され、6800系仕様の『Farna SL-ULTEGRA』、5800系105仕様の『Farna SL-105』、2車種がラインナップされる。

KhodaaBloom Farna SL-Ultegra 2016

2016年からは、画像のレッド/ブラックが追加された。これにより、マットブラック/マットガンメタル(Farna SL-ULTEGRAのみ)、ホワイト/ピンク、マットブラック/マットシルバー(Farna SL-105のみ)の4色展開となる。

KhodaaBloom Farna SL-105 2016

KhodaaBloom Farna SL-Ultegra 2016 ホワイト/ピンク

KhodaaBloom Farna SL-Ultegra 2016 マットブラック/マットガンメタル

ドライブトレインはシマノ製パーツで統一

いずれのモデルもブレーキ、クランク、ホイールに至るまでシマノ製で統一される。『Farna SL-ULTEGRA』の足元はホイールに『WH-6800 ULTEGRA』、『Farna SL-105』は『WH-RS61』が装着される。タイヤはいずれもレーシンググレードタイヤのMAXXIS COLUMBIEREとされ、細部まで品質の高いパーツが採用されており、完成車状態のままでも長く乗ることが出来そうだ。

サイズ展開は430、465、500の3サイズ。

Farna SLシリーズ2016モデルスペック

Farna SL-ULTEGRA

価格:260,000円(税抜)
完成車重量:7.4kg(500mm)

フレーム:アルミ(AL6011 EAST-SL)
フロントフォーク:カーボン
BBセット:SHIMANO SM-BB71-41 BB86 プレスフィット
ギアクランク:SHIMANO FC-6800 50/34T 430/465:170mm,500:172.5mm
メインコンポーネント:SHIMANO ULTEGRA 6800
ホイール:SHIMANO WH-6800 ULTEGRA
タイヤ:MAXXIS COLUMBIERE 700×23C
チューブ:700×19/23C FV=48mm
付属品:ベル リフレクター

Farna SL-105

価格:200,000円(税抜)
完成車重量:7.8kg(500mm)

フレーム:アルミ(AL6011 EAST-SL)
フロントフォーク:カーボン
BBセット:SHIMANO SM-BB71-41 BB86 プレスフィット
ギアクランク:SHIMANO FC-5800-L 50/34T 430/465:170mm,500:172.5mm
メインコンポーネント:SHIMANO 105 5800
ホイール:SHIMANO WH-RS61
タイヤ:MAXXIS COLUMBIERE 700×23C
チューブ:700×19/23C FV=48mm
付属品:ベル リフレクター

KhodaaBloom(コーダーブルーム)のブランド辞典

関連カテゴリー

2016年モデル, ニューモデル, 自転車ニュース