マセラティにロードバイクを載せちゃう!3人で車中泊できるロードバイク向け軽キャンピングカー…東京オートサロンで見つけたロードバイク関連のクルマたち

2016年1月15日〜17日に幕張メッセで開催された世界最大級のカスタムカーイベント『東京オートサロン2016』。来場者数は約33万人と過去最高を記録し大いに盛り上がりました。

オートサロンってクルマのイベントでしょ?と言うなかれ。「軽さは正義」「カーボン最高」という点ではロードバイクと共通項が多いのです。それに、ロードバイク乗りの方はクルマ好きが多い気もします。実際にオートサロンへ足を運ばれた方も多いのでは?

さて、そんなクルマのイベントながらもロードバイクに関連する展示車両もありましたのでご紹介します。

ミラコラーレ マセラティ ギブリ

ミラコラーレ マセラティ ギブリ

マセラティ乗りなら知らぬ人がいない超有名店。果ては沖縄からミラコラーレへクルマを預けに来る方もいる程です。そして、何を隠そう磯子のロードバイクショップ「Pedalist(ペダリスト)」はこのミラコラーレさんが経営しているのです。

関連記事:横浜市磯子区、トレーニング施設併設のロードバイク専門店『ペダリスト』

ランボルギーニなどスーパーカーが多数並ぶエリアに、ニョキッと屋根からロードバイクを生やしていたのは、ミラコラーレのデモカー『マセラティ ギブリ』。

ミラコラーレ マセラティ ギブリ

スタジオ・ジブリと同じく、地中海から吹く風の名前を由来に持つギブリは、イタリアのスーパーカーメーカー『マセラティ』製の高級スポーツセダンです。スーパーカー世代ならば、ボーラ、メラクといった名車をご存知の方も多いはず。

ミラコラーレ マセラティ ギブリ

ドライカーボン製BERTOCCHIのエアロパーツ、グリルやエンブレム類のブラックアウト化で、上品なスポーティーさを演出しています。

そのルーフへ鎮座するのはイタリアMILANI製のカーボンロードバイク『Maserati Veloce』。なんちゃってのコラボモノなどではなく、正真正銘のマセラティ ロードバイクです。

Maserati Veloce

日本国内にはコレ含め10台以下しか無いと言われている激レアモデル。マセラティの名に恥じぬ本気使用のカーボンロードバイクです。ギブリの様なスポーティーセダンのルーフにカーボンロードバイクを載せるスタイル、すごく好きです。

ミラコラーレ公式サイト:東京オートサロン2016 来場御礼

ロードバイクで輪行+車中泊が出来る軽自動車キャンピングカー

オートワンTumerunder

スズキ エブリィの日産OEM版『NV100』をベースにするというマニアックなこちらのクルマ。その名も『Tumerunder(ツメルンダー)』。こういうネーミングセンス、好きです。

コンセプトは「3人乗りで3人眠れて、自転車も積める」との事で、ロードバイクを引き出し式に積むことができ、そのまま作業台としても使えます。遠征レースなどで便利そうですね。

機材車としてハイエースなどの普通車を所有するよりも、軽自動車ならば車庫証明が不要ですし維持費も安い。ちょっと気になる存在です。

http://www.jrva-event.com/car/car_detail.php?vehicle_cd=107

オートワン公式サイト

関連カテゴリー

その他, 自転車ニュース, 試乗イベント