【CANNONDALE】14万円でディスクブレーキ?それならCAAD OPTIMO DISC TIAGRA!

ディスクブレーキに一目惚れ

ディスクブレーキ搭載のロードバイクって、格好良いと思いませんか?もちろん、好みの問題ではありますが、ディスクブレーキの見た目が好きって言う人、結構います。制動力が良いらしいなんて理屈は抜きにして、やっぱり買うならイケてるロードバイクが欲しいですよね。

ただ、ディスクブレーキが搭載されているモデルはお高めで、値段を見て思わずビックリすることも。例えば、CANNONDALEのハイグレードモデル、SYNAPSE HI-MOD DISC ULTEGRAは63万円。初めてロードバイクを買おうという人には、正直言って手を出しづらいお値段です。

SYNAPSE HI-MOD DISC ULTEGRA

SYNAPSE HI-MOD DISC ULTEGRA 引用:CANNONDALE

だからと言って「普通のブレーキでも問題ないし、ディスクブレーキはメンテナンスが難しいと聞くし…」なんて、買わない理由をあれこれ挙げて自分を納得させますか?もし、そんな風に妥協してロードバイクを購入してしまうと、乗り始めてから後悔することになるかも。決して安くはない買い物、そう簡単に買い換えられるものではありません。これからロードバイクを買うなら、自分が譲れないポイントは妥協厳禁です。

予算14万円でも大丈夫

ロードバイクを初めて買う時、いくら位のものを選べば良いか多くの人が悩みます。ロードバイク乗りに相談すると、人によってアドバイスする額はバラバラですが、大体10万円〜20万円が相場でしょうか。予算が14万円だと、ディスクブレーキ搭載ロードバイクなんて買えないのでは、と思うかもしれませんが大丈夫。探せばあるんです。そのオススメのロードバイクは、CANNONDALEのCAAD OPTIMO DISC TIAGRA!

CAAD OPTIMO DISC TIAGRA

CAAD OPTIMOは、CANNONDALEが誇る最高のアルミドロードCAAD12からジオメトリーと機能を継承した最新鋭のアルミロード。先月、人気漫画「弱虫ペダル」に登場する総北高校自転車競技部の新主将、手嶋純太とコラボしたビジュアルが発表されるなど今注目のモデルです。SAVEテクノロジーを採用したアルミフレームは衝撃吸収に優れ、快適に乗ることができます。

 

Yowamushi_Optimo

引用:CANNONDALE

そんなCAAD OPTIMOのディスクブレーキ搭載モデル、CAAD OPTIMO DISC TIAGRAは、14万円というお手頃価格ながら、ディスクブレーキを搭載、さらにコンポーネントにはTIAGRAを採用。フォークはカーボンです。

caad_optimo_tiagra_disc_vlt

引用:CANNONDALE

エントリーモデルながら、ジオメトリーが上位グレードモデルに近く、初心者には少し慣れが必要かもしれませんが、その代わり長く乗り続けることができるでしょう。

詳細

フレーム スマートフォームC2アロイ(ディスクブレーキ専用)
フォーク ウルトラカーボンブレード(ディスクブレーキ専用)
サイズ 44、48、51、54、56、58
カラー ヴォルト(VOLT)
価格 140,000円(税抜き)

取扱店を探す

まとめ

いかがだったでしょうか。平均的なエントリーモデル価格で購入できる、コストパフォーマンスに優れたCAAD OPTIMO DISC TIAGRA。ディスクブレーキ好きなら、是非とも候補に加えてください。

関連記事

関連カテゴリー

2017年モデル, ロードバイク