Cannondale(キャノンデール)の概要

Cannondale(キャノンデール)はアメリカの自転車ブランド。

1971年、Cannondale(キャノンデール)はアメリカを本拠とする自転車メーカー。フレームだけでなく、パーツ類やウェアなどのアクセサリー類も充実したラインナップを持つ。アルミフレームに長けておりCAADシリーズは登場以来高い人気を持つ。

 

Cannondaleの歴史

創業期

キャノンデールの歴史は、カリブ海での船員や、ウォールストリートでのアナリストという経験を持つジョー・モンゴメリーにより始められた。ブランド名の由来は、創業の地であるアメリカ・コネチカット州で、創業時にオフィスを構えた場所の向かい側にあった「キャノンデール駅」である。

キャノンデールは創業初期から卸売業者を介さない販売方法を採っており、キャノンデールのスタッフが販売店へ直接出向き、メンテナンスの講習や販売サポートを行なう事で、より顧客との関係を強めた。また、キャノンデールはこの頃から現在にかけても緻密な販売管理を行っている。限られた、高い技術を持つプロショップのみを厳選し、通販は行わない等、顧客との関係性を大切にし続けている。

 

アルミフレームのパイオニア

「アルミフレームと言えばキャノンデール」と呼ばれる起源は1983年へ遡る。当時クロモリ(鉄)フレームが主流であった中、キャノンデールは先進的な大径アルミチューブを採用した初の市販モデルを発売。他メーカーのアルミフレーム自転車に比べ安価であった事も影響し、大ヒットモデルとなる。その翌年にもアルミフレームのマウンテンバイクを発表。キャノンデールのアルミモデルがヒットしたのを受け、他社も追従しアルミモデルを多数商品化したが、キャノンデールは次々に革新的な技術を投入したアルミフレームのモデルを開発し続け、「アルミ=キャノンデール」の地位を確立するに至った。

 

MADE IN USAへのこだわり

1990年代、他社が多くのモデルを台湾でのOEM生産へ頼る様になる中、キャノンデールは「MADE IN USA」にこだわり続けた。1994年には株式公開を行い、事業の拡大を加速させていく。1996年には増資を行い、過去最高の売上と利益を記録。対前年比約20パーセント増の急成長を遂げ、大規模な自社工場を建設した。1995年からは多くの自転車競技へのサポートにも乗り出し、「キャノンデール・プロサイクリング」は今もなおロードバイクレースシーンで強い存在感を示している。

 

倒産、新体制への以降

2003年には更なる事業拡大を目指し、モーターサイクル事業にも乗り出した。モトクロスや4輪バギーなどオフロードバイクを発売したが売れ行きは伸びず、キャノンデール自体の経営状況も悪化。経営危機へと陥り、事実上倒産となり、モーターサイクル部門の閉鎖と経営陣の刷新を行った。

 

MADE IN USAの終焉

投資会社ペガサス傘下へと入り、「Cannondale Bicycle Corporation」として再スタートを切ることになる。新経営陣の下再起を図るため、創業以来守り続けられていた「アルミのキャノンデール」「メイド・イン・USA」を捨て、他のメーカーと同様に生産拠点を生産コストの安い台湾や中国へ移し、カーボンフレームのモデルを積極的に開発するなど、旧体制からの脱却を行った。これにより新体制発足後4年で再建を果たし、2008年からはカナダに本社を置く「ドレルインダストリーズ」の傘下となった。

2009年にはキャノンデールの自社フレーム生産終了が決定。台湾や中国メーカーによる完全OEMによる生産体制となった。

1 2

Cannondaleの基本情報

名称 Cannondale (キャノンデール)
アメリカ
公式サイト Cannondale公式サイト

Cannondaleの取扱店

その他のCannondaleの取扱店情報をお持ちの方は「掲載情報の訂正依頼」からお知らせ下さい。


掲載情報の訂正を依頼する

掲載されている情報について

  • 掲載のショップ情報、試乗車・展示車情報など、すべての掲載情報については万全な保証をいたしかねます。掲載情報について訂正が必要な場合は「掲載情報の訂正を依頼する」から訂正依頼をお願いいたします。
  • 各ショップの試乗車・展示車情報は常に変動しています。最新の情報は必ず各ショップへお問合せください。