SF映画から飛び出した? 近未来感漂うCervélo(サーヴェロ)のエアロバイク・P5Xから目が離せない!

話題のP5Xが遂に販売開始

サイクルモードインターナショナル2016で展示されていた数多くの車両の中でも、個性的なデザインが一際異彩を放っていたCervéloのP5X。昨年12月に販売が開始されたばかりですが、その一番の特徴は、何かが足りない、見慣れないY字型のフレームです。

空気抵抗を計算し尽くした究極のエアロフレーム

Cervélo P5X
P5Xのフレームは、これまで常識だったシートチューブとバックステーを排除することで、空気抵抗を大幅に低減しています。シートチューブとバックステーをなくした位で本当に効果があるの?と疑問に思う方もいるかもしれません。

そんな方に思い浮かべてほしいのがロードレーサーの足です。彼らの足がツルツルに剃られている事に皆さんはお気づきでしたか?驚くことに、足のムダ毛でさえ空気抵抗に影響を与え、長距離を走るレースではタイムが変わることが分かっています。この一見奇抜なP5Xのフォルムは、デザインありきではなく、あくまでも性能を追求した結果と言えそうです。参考までに、CervéloはP5Xの研究開発に3年の月日を費やしたそうです。

P5XはUCI規格を無視したトライアスロン専用バイク

Cervélo P5X

引用:Cervélo

過去には、P5Xに似たY字型フレームのバイクもいくつか存在していましたが、「UCI(国際自転車競技連合)レースで使用できるのはダイヤモンドフレームのみ」というルールに改正されたため、いつしか姿を消していきました。

ダイヤモンドフレーム以外が禁止された理由の一つに、グレアム・オブリー選手の存在があると噂されています。アマチュアのオブリー選手は、自分で改造した自転車に乗り、1993年と1994年にトラック競技の「アワーレコード」記録を更新、これを快く思わなかったUCIがルール改正をしたのでは、と言われているのです。実際、オブリー選手の記録は抹消されています。

ダイヤモンドフレーム以外が禁止されたのはロードレースだけなのですが、ロードバイクに流用できないフレームを作る余裕が各メーカーになかったのか、トライアスロンバイクにもダイヤモンドフレームが採用されてきました。UCI規格に合わせることで、結果としてトライアスロンバイクの性能や利便性が大きく制限されてしまっていたのですが、CervéloはUCI規格を完全に無視し、トライアスロンに特化した専用バイクを作り上げました。

ディスクブレーキを採用

Cervélo P5X
Cervéloの車両の多くにディスクブレーキが採用されていますが、P5Xのブレーキもディスク仕様です。トライアスロン用バイクとしてはまだ珍しいかもしれません。

ハンドルは分割式

Cervélo P5X

引用:Cervélo

ハンドルは真ん中から二つに分割できるので、移動時の梱包が容易です。

エアロ性能をとことん追求

エアロ性能を高めるため、フレームとフロントホイールの隙間は可能な限り減らされています。

Cervélo P5X

引用:Cervélo

また、補給食や工具等を収めるストレージも、エアロ性能を考慮にいれた上でフレームの一部としてデザインされています。

Cervélo P5X

引用:Cervélo

こだわりの北米生産

Cervéloのバイクは、そのほとんどが現在アジアで生産されていますが、P5Xはお膝元である北米で作られています。この点からも、Cervéloの強いこだわりを感じることができます。

スペック

SRAM eTap 完成車

フォーク:Cervélo All-Carbon, P5X Fork
ヘッドセット:FSA IS2 1-1/8 x 1-1/2″
シートポスト:Cervélo P5X Seatpost with Ritchey Head
シフター:Sram RED eTAP Blips and RED eTAP Clics
リアディレイラー:Sram RED eTAP, 11 spd
フロントディレイラー:Sram RED eTAP, 11 spd
クランクセット:Sram RED, 52/36T
ブレーキキャリパー:TRP HY/RD
ブレーキレバー:Sram S-990 Aero Brake Lever
カセットスプロケット:Sram XG 1190, 11-28T
チェーン:Sram RED 22
ホイール:Enve SES 7.8
タイヤ:Continental GP4000 S II 700 x 25c
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥1,900,000(税抜き)

SHIMANO ULTEGRA Di2 完成車

フォーク:Cervélo All-Carbon, P5X Fork
ヘッドセット:FSA IS2 1-1/8 x 1-1/2″
シートポスト:Cervélo P5X Seatpost with Ritchey Head
シフター:Shimano Ultegra Di2 ST-6871 and SW-R671
リアディレイラー:Shimano Ultegra Di2 6870, 11 spd
フロントディレイラー:Shimano Ultegra Di2 6870, 11 spd
クランクセット:Rotor FLOW BBright™ Aero, 52/36T
ブレーキキャリパー:TRP HY/RD
ブレーキレバー:Shimano Ultegra ST-6871
カセットスプロケット:Shimano Ultegra 6800, 11 spd, 11-28T
チェーン:Shimano Ultegra HG700, 11 spd
ホイール:HED Jet 6 Plus Front, 9 Plus Rear
タイヤ:Continental GP Attack/Force 700×22/24c
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥1,400,000(税抜き)

まとめ

Cervélo P5X
P5Xは、トライアスロンに興味のない人でも目を奪われてしまうような、強烈な個性を持ったバイクです。今後、このデザインがトライアスロンバイクのスタンダードになる日が来るかもしれません。

Cervélo(サーヴェロ)のブランド辞典

関連記事

関連カテゴリー

2017年モデル, トライアスロンバイク, ニューモデル