シマノの新型DURA-ACE(デュラエース)9100シリーズはどう変わるのか?

新型DURA-ACE9100の映像がネットに流出?

数ヶ月前、Instagramにアップされた写真が真偽も含めて話題になった新型DURA-ACE9100シリーズですが、youtube上に新型と見られるDURA-ACEが搭載されたKUOTAのバイク映像が流出し(現在は削除済み)再び注目を集めています。現行の9000シリーズと比べて何が変わるのでしょうか?現時点でシマノから正式な発表はありませんが、現在ネット上でリークされている情報を元に比較してみます。

クランクセット

model number:FC-9000
クランクセット

噂1

見た目で最も変化が分かるのがクランクセットです。リーク写真を見ると、前回変更となった4アームはそのまま、カラーは光沢のあるブラックとなりそうです。アームは現行モデルより大きくなります。アームの材質がカーボンになるとの予想もありますが、cyclist.co.ukの記事によれば、9000シリーズと同じアルミ製とのことです。

カセットスプロケット

model number:CS-9000
カセットスプロケット
9000シリーズのラインナップ:
11-23T
11-25T
11-28T
12-25T
12-28T

噂2

9100シリーズでは11-23Tがなくなり、11-30Tが追加されるかもしれません。

リアディレイラー

model number:RD-9000-SS
リアディレイラー

噂3

ダイレクトマウントタイプとなります。これによりフレームとリアディレイラーのクリアランスが広がり、ホイールの着脱が簡単になります。

フロントディレイラー

model number:FD-9000-F
フロントディレイラー

噂4

9000シリーズに見られる長いケーブル・アタッチメント部分は採用されておらず、短くなります。

まとめ

以上、ネット上で噂となっている新型DURA-ACE9100の変更点をご紹介させていただきました。シマノからの正式発表は6月の終わり頃と予想されているので、それまで楽しみに待ちたいところです。

関連記事