梅雨時のロードバイクに欲しい雨対策アイテム

梅雨時に揃えたいロードバイク用アイテム

梅雨とロードバイク
梅雨の時期、皆さんはロードバイクに乗っていますか?ロードバイクで通勤している人は別にすると、「メンテナンスが面倒だから、雨の日は絶対ロードバイクに乗らない」なんて声が聞こえてきそうです。けれど天気予報が外れ走っている最中に急に雨に降られた、なんてこともありがちな季節なので、日頃から雨対策アイテムを用意しておくに越したことはありません。

レインウェア

雨と言えば外すことのできないアイテムがレインウェアです。タイトなものから体をゆったり覆うポンチョタイプまで、形も値段も様々です。レインウェアを選ぶポイントはいくつかあります。

防水性

目安としては耐水圧10,000mm以上のものを選ぶのがオススメです。この数値は大雨にも耐えられるレベルです。

透湿性

レインウェアを着ていると蒸れて嫌だと言う人も多いのではないでしょうか。そんな場合は透湿度がより高い製品を選びましょう。目安としては10,000g/m2-24h以上が好ましく、数値が高いほど蒸れにくくなります。

携帯性

急な雨に備えるという目的なら、コンパクトで持ち運びやすいことは欠かせません。防水性と透湿性が高く、かつ軽い(薄い)ものを選んでみてください。

モンベル U.L.サイクル レインジャケット

レインジャケット
モンベル U.L.サイクル レインジャケット シトロンイエロー

U.L.サイクル レインジャケットの最大の特徴は平均重量が161gと非常に軽いことです。付属のスタッフバッグ(専用ケース)に収納した際のサイズは6×6×13cmと超コンパクトなので携帯性抜群!性能面を見てみると、独自開発の防水透湿性素材が使用されており、耐水圧が20,000mmありながら透湿性は15,000g/m2-24hとこれまた文句なし。ワキの部分はベンチレーションになっているのでこもった熱が素早く放出されます。ロングレール・デザインなので乗車時の姿勢でも腰が出ないようになっています。胸ポケットが付いているのは嬉しいポイントの一つですが、構造上ポケット部分は完全防水ではないので、スマートフォン等を入れる際には別途防水対策が必要です。参考までに、雨の降っていない日には防寒具としても使用可能です。

リュックサックを背負っている人なら、ポンチョタイプを選ぶのもアリかもしれません。普通のレインコートと比べると脱ぎ着がしやすいのもポイントです。ポンチョタイプは大きなものが多いので、車輪に巻き込まれないように、着丈には注意が必要です。また、風が強い日は舞い上がって路面が見えず危険な場合があるので、状況に合わせて使い分けてください。

マルト 自転車屋さんのポンチョ

ポンチョ
マルト 自転車屋さんのポンチョ

レインパンツ

レインパンツは防水性・透湿性に加え、ある程度の強度が必要です。特にサドルに当たる部分、内ももや裾部分などのストレスポイントが補強してあると良いでしょう。

モンベル スーパーストレッチ サイクルレイン パンツ

レインパンツ
モンベル スーパーストレッチ サイクルレイン パンツ

膝部分が立体裁断になっているのに加え、ストレッチ性の高い独自素材・スーパーストレッチハイドロブリーズ®を使用、縦・横方向へ伸びるのでつっぱり感が大幅に軽減されています。カサカサという音がしないのも特徴です。スタッフバッグ収納時のサイズはφ7×10cmと超コンパクトです。

レインシューズカバー

レインジャケットとレインパンツを着用して完全防備したつもりでも、靴が濡れて靴下までビショビショになってしまうとテンションが下がりますよね。特にロードバイク用の靴はメッシュ素材が使われているものが多く、雨が入りやすいです。そんな時には靴の上から着用できるレインシューズカバーがオススメです。

モンベル サイクル レインシューズカバー

シューズカバー
モンベル サイクル レインシューズカバー

マッドガード

雨が上がった後にロードバイクで軽く近場を流し、ウェアが泥だらけになった経験はないでしょうか。集団で走行する場合には、自分だけでなく後ろを走る人にも被害が及びます。創業136年のフランスの老舗ブランド、Zefal(ゼファール)社のスワンロードが有名です。着脱が簡単で泥除けとして十分な長さがあり、かつ安価という点が人気の理由のようです。

Zefal スワンロード

スワンロード
Zefal スワンロード

おわりに

梅雨時の急な雨も備えあれば憂いなし。今回はベーシックな雨対策グッズをご紹介しましたが、皆さんも自分のニーズに合ったグッズを揃えて、梅雨の時期を快適かつ安全にお過ごしください。