【2018モデル速報】RIDLEYの105搭載完成車、FENIX C 発売

自転車王国として有名なベルギーを代表するブランドの一つであるRIDLEY(リドレー)。1990年創業と、その歴史は比較的新しいものの、UCIワールドチームのロット・ソウダルに機材提供を行なうなど、ロードバイクの性能の高さはお墨付き。

FENIX-C

引用:RIDLEY

さて、そんなRIDLEYの2018年モデルが公式サイトに掲載されましたが、今回はその中から唯一完成車として販売されているFENIX(フェニックス) Cをご紹介します。

FENIX SLと同じフレーム形状なのにお手頃価格

上位機種であるFENIX SLのテクノロジーを受け継ぎながらも、お手頃な価格設定の新しいエンディランスロードが今回発売されたFENIX Cです。

FENIX SL

FENIX SL フレームセット価格:228,000円(税抜) 引用:RIDLEY

その秘密は、使用するカーボンのトン数(FENIX SLは30. 24 ton HM Carbon)とレイアップを変更したこと。とはいえ、フレーム剛性はFENIX SLとほぼ同等。また、採用されているテーパード形状のヘッドチューブとダイヤモンドシェーブ・ダウンチューブは、ライダーのパワーを余すことなく推進力に変えてくれます。シートポストは27.2mm、適度なしなりを生むので路面からの突き上げや振動の緩和に一役買ってくれます。

シートポスト

シートチューブは31.8mmパイプ 引用:RIDLEY

タイヤは、最大28~30mm幅まで使用可能。さらに、FENIX Cはコンポーネントにシマノ105を採用。それでいて、完成車価格は260,000円(税抜)です。FENIX SLのフレームセット価格が228,000円(税抜)であることを考えると、コストパフォーマンスとスペックを高い次元で両立させた1台と言えるでしょう。

FENIX C

FENIX C

引用:RIDLEY

FENIX C

引用:RIDLEY

フレーム 24 ton HM Carbon
メインコンポーネント Shimano 105
カラー JP18-03As
JP18-04As
サイズ XXS、XS、S、M
価格 260,000円(税抜)

公式サイト

http://www.jpsg.co.jp/ridley/

関連記事

関連カテゴリー

2018年モデル, ロードバイク