そろそろロードバイクにも慣れてきた。アルミフレームのエントリーモデルも乗りつぶし、ロードバイク初心者から中級者にステップアップしたい。憧れのカーボンフレームや上位コンポーネントのロードバイクに乗り替えたい。

はたまた、初めてロードバイクを買うけど、ちょっと良いバイクが欲しい。

そんなあなたに、30万円台で購入できるコストパフォーマンスの高いロードバイクおすすめ5選をご紹介。

CANYON(キャニオン)

Ultimate CF SL 8 Disc Di2
(アルティメイト CF SL 8 ディスク Di2)

2022 CANYON 2022 CANYON

コスパと言えば「CANYON(キャニオン)」。

30万円台でフルカーボンフレームにシマノ製アルテグラDi2を搭載したコスパ最強の軽量モデル「Ultimate CF SL 8 Disc Di2」。

重量は7kg台前半と文句無しの軽さ。

エントリーモデルから乗り換えることで、性能の差を存分に味わうことができるだろう。2台目のロードバイクとして最適だ。

モデル名 Ultimate CF SL 8 Disc Di2
カラー Stealth
Light Blue
サイズ 2XS/XS/S/M/L/XL/2XL
フレーム素材 カーボン
平均重量 7.42kg
コンポーネント SHIMANO Ultegra Di2 R8050(電動11速)
ブレーキ仕様 ディスク
ホイール DT Swiss P 1800 Spline db(アルミ)
価格(税別) ¥389,000

Ultimate CF SL 8
(アルティメイト CF SL 8)

2022 CANYON 2022 CANYON

上記の「Ultimate CF SL 8 Disc Di2」のリムブレーキモデル。コンポーネントに機械式のアルテグラを採用することで、軽量カーボンフレームの走りを10万円以上抑えた価格で楽しむことができる。

モデル名 Ultimate CF SL 8
カラー Stealth
Light Blue
サイズ 2XS/XS/S/M/L/XL
フレーム素材 カーボン
平均重量 7.02kg
コンポーネント SHIMANO Ultegra R8000(11速)
ブレーキ仕様 リム
ホイール DT Swiss P 1800 Spline(アルミ)
価格(税別) ¥249,000

CANYON2022年モデルの詳細はこちら

【先行!2022年モデル】シマノ新型コンポーネント搭載モデル/キャニオン

参照:CANYON公式サイト

ワイヤーフル内蔵ディスク
GIANTが誇るエアロモデル

1 2 3 4 5