アルミロードバイクは時代遅れ?

ロードバイクの素材はクロモリからアルミ、そしてカーボンと時代とともに移り変わってきた。

現在のアルミロードバイクは、安価な選択肢として思われがちだ。しかし、ただ安いだけがメリットではない。クロモリよりも軽量であり、カーボンフレームのような破損の心配も少ない。今回は、そんなアルミロードバイクモデルの中でもおすすめできる5つバイクをご紹介していく。

トレック エモンダ ALR5

©️TREK

鮮やかなパープルが特徴的なエモンダALR5。ディスクブレーキ対応でフレーム重量は56cmで1,131g。

このモデルにはコンポーネントのシマノ105に加えて油圧ディスクブレーキ、トレック傘下であるボントレガー製のホイールやパーツ類を搭載している。

105と油圧ディスクブレーキ搭載で20万円台前半、さらにはフレームの溶接面がカーボンフレームのようにスムーズであり、コストパフォーマンスの良さを見せる。初めての一台にはもちろん、週末サイクリングや太めのタイヤを履かせればグラベルもこなせるなど万能な楽しみ方ができる。

サイズ 47/50/52/54/56/58/60/62
カラー Purple Flip/Trek Black fade
コンポ シマノ105
重量 9.04kg(56)
価格(税抜) 219,000円

キャノンデール キャド13

CANNONDALE,キャノンデール,初心者,おすすめ,クロスバイク,ロードバイク,コストパフォーマンス,シマノ,EF,RAPHA,MTB,マウンテンバイク,イーバイク,CAAD13,キャド13

©️Cannondale

代々、アルミフレームながらカーボンフレームバイクを匹敵する走りができると称されていたことから、巷でカーボンキラーと称されてきた伝統のキャドシリーズ。

上位モデルでカーボンフレームの「スーパーシックスエボ」と同様に、空気抵抗削減を意識したフレーム形状を採用。上位コンポーネントのシマノアルテグラとディスクブレーキを搭載しながら、フレーム形状も現在のロードバイク界のトレンドを取り入れ、20万円台で購入できるコストパフォーマンスの良さを見せる。

サイズ 48/51/54/56/58
カラー Mercury
コンポ シマノアルテグラ
重量
価格(税抜) 297,000円

キャニオンエンデュレース

CANYON ENDURACE 7.0 2021,キャニオン,エンデュレース,,ロードバイク,コストパフォーマンス,ディスクブレーキ, 安い,おすすめ,初心者,

画像はシマノ105仕様 ©️CANYON

キャニオンのロードバイク「エンデュレース」シリーズのアルミフレームモデル。

フレーム素材は剛性と軽量性を兼ね備えた6000番台アルミニウム、完成車全体の重量は8.2kgと非常に軽量な部類となる。

価格は16万9000円ながら、シマノアルテグラとシマノ油圧ブレーキを搭載。性能と価格の両立というロードバイク選びにおいて最も難しい問題をクリアしたバイクとなっている。

パーツ構成、性能、価格、軽量性の全てにおいて”お得な”パッケージだ。

サイズ 2XS/XS/S/M/L/XL/2XL
カラー airwave blue
Stealth
コンポ シマノアルテグラ
重量
価格(税抜) 169,000円

スペシャライズド アレースプリント

1 2