20万円以下で買える105搭載のカーボンロードバイク5選【2019年モデル限定】

自転車を始めるにあたって気になるのは、やはり価格・スペックだ。アルミバイク、低グレードのコンポーネントであれば選べるバイクは多い。しかし、初めてのバイクでもできるだけ安く、できるだけ性能が良いものを欲しいと思うのは皆そうだろう。

レースではより速く、ヒルクライムではより軽く、ロングライドではもっと快適なバイクが良い。

そんなあなたのために今回はカーボン製のロードバイク、なおかつコンポーネントに安価でクオリティの高いShimano 105を搭載した、税抜き価格20万円以下のモデルを選りすぐって紹介していく。

GUSTO(グスト)|RCR Team Elite

GUSTO RCR TEAM ELITE

引用:GUSTO

GUSTO(グスト)は、OEMで培った高度な技術力を自社工場で生産するカーボン専門ブランドで、ここs数年では、UCIアジアツアーで勝利したことや、高いコストパフォーマンスのバイクを販売することで、少しずつ認知度が上がりはじめている。

GUSTO(グスト)について詳しく知る(ブランド辞典)

RCR Taam DURO Sportsの特徴としては、カーボンの素材に妥協せず剛性の高い東レT1000を使用しており、2019年Ljubljana・Gusto・Santicが使用するものと同じフレームだ。

コンポーネントは105を搭載し価格も20万円を切ってくるのは珍しい。もっと言うと、このモデルに関してはコンポーネントが105で統一されている上、スプロケットは上位グレードのアルテグラを使用している。高コスパロードバイクでも、妥協は一切ないバイクといっても過言ではない。

  • メーカー:GUSTO
  • モデル名:RCR Team Elite
  • メインコンポ:Shimano 105
  • カラー:White
  • サイズ:S、M、L、XL
  • 重量:8.1kg
  • 価格:¥188,000(税別)

GUSTO(グスト)|RCR Team DURO Sports

GUSTO RCR DURO TEAM Elite

引用:GUSTO

同じくGUSTOからRCR Team DURO Sportsもご紹介。こちらは上記のRCR Team Eliteのエンデュランスモデルだ。世界最軽量素材の一つと言われる「INNEGRA」との組み合わせによりフレーム剛性と衝撃吸収が改善されている。
フレーム設計ではARCUS DAMPING DESIGN(特殊アーチ型衝撃吸収設計)によるフレーム構造によりシートクッションの安定性と快適性を最大限に引き出している。

  • メーカー:GUSTO
  • モデル名:RCR Team DURO Sports
  • メインコンポ:Shimano 105
  • カラー:Magma Red(Glossy)/Titanium(Matt)
  • サイズ:S、M、L、XL
  • 重量:8.2kg
  • 価格:¥188,000(税別)

ブランド辞典:GUSTO

MERIDA(メリダ)|SCULTURA4000(スクルトゥーラ4000)