アルミよりカーボンでしょ!

自転車を始めたい人、アルミロードバイクで自転車を始めたけどやっぱりカーボンバイクに乗りたい人、やはりロードバイクの憧れといえばカーボンロードバイクだろう。

もちろん高性能なアルミロードバイクにハイグレードのコンポーネントを載せる手もある。ロードバイクには無限の組み合わせがあるからこそ、安価なグレードでも軽さを選んでカーボンロードバイク選ぶこともできる。

今回はそんなカーボン好きなあなたに、各メーカーの最安カーボンロードバイクをピックアップしてご紹介。どのメーカーのどんな技術に惚れて購入するか、カラーリングとフォルムの見た目で攻めるか、いろんな角度でロードバイクを見て欲しい。

今回はARGON18(アルゴンエイティーン)、CERVELO(サーヴェロ)、ORBEA(オルベア)からご紹介。

【ARGON18|アルゴン18 】

GALLIUM|ガリウム

アルゴン18においては軽量オールラウンドモデルのガリウムシリーズ。

上位モデルにはあらゆるポジショニングに対応する3Dシステムを搭載、コラムスペーサーを使わずにヘッドチューブの長さを擬似的に可変にすることで、剛性を確保したままポジションを変更できる。ラインナップはガリウムシリーズ生誕15周年モデルの『ガリウムプロディスク15th アニバーサリーエディション』、プロスペックモデルの『ガリウムプロ』と『ガリウムプロディスク』、ガリウムプロのカーボングレードを落とした『ガリウム』、『ガリウムディスク』となっている。

GALLIUM CS(ガリウム CS)

  • メーカー:ARGON 18(アルゴン エイティーン)
  • モデル名:GALLIUM CS(ガリウム CS)
  • メインコンポ:Shimano 105
  • カラー:RED MATTE/TEAL BLUE MATTE
  • サイズ:XXS/XS/S/M
  • 重量:1,006g/417g(フレーム/フォーク)
  • 税抜価格:249,000円(完成車)

ARGON18 その他のロードバイクを見る↓

【ARGON18/カーボン編】2020年モデル各メーカーロードバイクまとめ

【CERVELO】