自分好みのローラー環境を

サイクルコンピューターで知られるワフー(Wahoo)。

UCIワールドツアーチーム「チームイネオス」にも採用されており、その性能はお墨付き。

ワフーの最大の特徴はコースに合わせて自動で勾配が変わる「キッカークライム(Kickr Climb)」と、速度に合わせて自動で風量調節を行う「キッカーヘッドウィンド(Kickr Headwind)」など、スマートローラーに加えてより実走感のある体験を提供してくれる。

今回はワフーが販売する3つのスマートローラーのスペックと、オプションパーツをご紹介。

https://www.instagram.com/p/B–IHoHFHsI/

ワフー キッカー(Wahoo Kickr)

ローラー, ズイフト, スマートトレーナー, ロードバイク, ロードバイク初心者

参考:Wahoo

ワフーのフラッグシップモデルの「キッカー」。

優れた静粛性と、約7.3kgのフライホイールによってリアルな実走感を再現。

別途オプションの「キッカーヘッドウィンド」と「キッカークライム」に対応し、質の高い室内トレーニングを行える。

対応最大出力 2200w
駆動方式 ダイレクトドライブ
再現斜度 20%
重量 21.3kg
パワー精度 ±2%
価格 152,550円

ワフー キッカーコア(Wahoo Kickr Core)