ATHLONIA 113AR発売。デザインにこだわったフレーム×カーボンエアロホイール

ATHLONIA 113AR

(C) ATHLONIA

 

東京都渋谷区千駄ヶ谷のトライアスロンショップ「ATHLONIA」(アスロニア)が、オリジナルカーボンロードバイク「113AR」を発売した。

最新のエアロロードフレームにカラーコーディネートされたカーボンエアロホイールを装着し、機能性だけでなくデザインにもこだわった一台。価格はシマノ105仕様の完成車が458,333円(税別)※ペダル・DHバーはオプション。

113AR

ATHLONIA代表の白戸氏×113AR

 

デザイン性を大切にしたバイク

ホイールまでトータルコーディネート

「機能性だけではなく、カラーやデザインも大切にするバイクが欲しい。性能を失うことなく、フレームとホイールのトータルコーディネートされたバイクがあってもいいのではないか。」との想いから、バイクとしての性能のみならず、デザインへもこだわり開発された。

左右非対称のフレームデザイン

フレームのカラーリングはクリーンな印象を与える白を貴重に、薄いグレーのグラフィックと、トライアスロンのスイム、バイク、ランの総距離70.3マイルをkm換算した「113」の数字が鮮やかな赤で個性を主張する。フレームのグラフィックは左右非対称に施されており、見る角度で表情を変える。

ディープリムカーボンホイール

フレームとカラーコーディネートされ、白地にグレーのグラフィックと「 113AR」のロゴが配されたカーボンエアロホイールは、ハイトが前50mm・後85mmのディープリムがセットされ、デザイン性にもこだわったバイクらしく、攻撃的ながら全体のクリーンな印象を強めている。

性能も徹底追求

実戦を見据えた設計

ATHLONIA「113AR」はルックスだけでなく、性能にもこだわりを見せる。トライアスロンのショートやミドルディスタンスに対応し、ロードバイクとしての乗りやすさも考えられたフレームジオメトリーで設計され、トレーニングから実戦まで即投入できる仕様だ。

ロードバイクとして普段使いも出来る仕様

組み合わされるメインコンポーネントはシマノの中級グレードにあたるシマノ105。

最新のエアロカーボンロードバイクらしいエアロ形状を持ちながら、TTバイクへ寄り過ぎずロードバイクとしても乗ることが出来、コンポーネントも中級グレードをチョイスするあたりが、トライアスロンスクールの運営や、トライアスロン大会の運営で、トライアスリートのニーズを多分に把握しているATHLONIAらしいセットアップと言えるだろう。

113AR詳細情報

サイズ展開 S(480)、M(510)、L(530)
メインコンポーネント シマノ105
ホイールリムハイト フロント:50mm、リア:85mm
税抜価格 458,333円(完成車)
※ペダル・DHバーはオプション

ATHLONIA(アスロニア)とは

用品の販売だけでなく、「トライアスロンをもっと世の中に広めたい!」との想いから、スクールや大会の運営まで行い、ハード・ソフトの両面から日本のトライアスリートを総合的にサポートする専門店。

「世の中にもっともっとトライアスロンを広め、日本を明るく元気にしたい!」との想いから、「Try!athlon! – It brightens yourself」をキャッチフレーズに2008年11月設立。千駄ヶ谷にあるショップ以外にも、オリジナル商品の開発や、ホノルルトライアスロンなど大会の運営、トライアスロンスクール「ATHLONIAトライアスロンアカデミー」運営などを手がけている。

トライアスロンコンセプトストア ATHLONIA(アスロニア)

住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目1番24号鳩森八幡神社ビル1F
電話番号 03-3470-7227
営業時間 12:00~21:00(平日)、11:00~19:00(土,日,祝)
定休日 毎週火曜日
公式HP http://athlonia.com/

関連カテゴリー

ニューモデル, ロードバイク