現役トップカテゴリ選手が伝授!シクロクロスで速くなる&腰痛対策の一石二鳥な方法

シクロクロスにおけるオフロード走行時、下からの振動・衝撃対策

オフロード走行からの振動・衝撃は慣れないとかなり身体へのダメージが大きいです。早速、克服するために必要なポイントをご説明しましょう。

1. 乗車姿勢を改善する

シクロクロスバイクにはロードバイク同様、ドロップハンドルが付いていますが、ポジションは全く別物。これをロードレースと同じポジションで乗ろうとすると腰に負担がかかってしまいます。

ロードレースでは空気抵抗の軽減を優先し低いポジションを取りますが、シクロクロスの場合はハンドルさばきや腰への負担軽減を優先し、少し上体を起こした余裕のあるポジションにしましょう。

上体が起きて腰が地面に対し垂直に近付けば、下からの衝撃に耐え易くなります。

2. 体幹の筋肉を強化する

これは担ぎの部分でもお話ししましたが、振動対策としても有効です。そもそも全ての腰痛対策において、体幹の強化は不可欠です。

3. 振動吸収性の高いシクロクロス機材を使う

当然、機材面からでも振動対策は出来ます。

まず手っ取り早いのが、フレームをカーボンにすること。最近はシクロクロスにおいても振動吸収性に優れたカーボンフレームが主流となり、だいぶ腰への負担が軽減されました。もしまだカーボン以外のフレームを使っている方は、カーボンフレームを一度試す価値があります。

「カーボンフレームに買い換えるお金が…」という場合は、レギュレーション内で太めのタイヤを使ったり、少しタイヤの空気圧を抜くと言うのも効果的です。

ちなみに、シクロクロスレースのトップシーンではカーボンホイールが主流になっていますが、実はカーボンディープリムは縦剛性が高く、振動吸収性は落ちます。腰痛対策と言う意味では、ノーマルホイールや35mm程度のハイトを持つリムを使うと良いでしょう。

低温への対策も重要です