パイオニア社サイクルスポーツ事業部がシマノへ事業譲渡 アフターサービスと今後はどうなるの?

パイオニア株式会社サイクルスポーツ事業部が株式会社シマノに事業譲渡へ

パイオニアペダリングモニター

2020年2月4日、世界中で使用されているパイオニアペダリングモニターを製作していたパイオニア株式会社(以下パイオニア社)サイクルスポーツ事業部が、世界的な自転車部品メーカーである株式会社シマノ(以下シマノ)に事業譲渡に関する契約を締結した。製品のアフターサービスなどは引き続きパイオニア社が継続する。

これにより、3月末でパワーメーターやサイクルコンピューターの販売は終了に。今後はシマノがパイオニア社の持つIT技術を取り込み、サービスの開発に生かしていく予定とのこと。

革新的な技術とサービスを展開

2013年に発売して以降、その高い精度と共にペダリングやパワーを計測できる「ペダリングモニターシステム」と、ペダリング解析ソフト「シクロスフィア」が登場。それまで高価だったパワーメーターの存在を、アマチュアサイクリストにも一気に身近にさせ、まさに社名の通りの”パワーメーター界のパイオニア”だ。

気になるアフターサービスは?