【動画】ジロ・デ・イタリア第2ステージ集団落車の原因は危険な観客

5月10日に行なわれた『ジロ・デ・イタリア』第2ステージで30名が巻き込まれる集団落車が発生。その原因は観客が自転車でコース内へ飛び出した事が原因の様だ。

『ジロ・デ・イタリア』は、ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャと並ぶ「グランツール」の一つであり、世界最高峰の国際ロードレース。

30人の選手が巻き込まれた集団落車事故

ジェノヴァ市街、ゴール手前約10kmの地点で多数の選手を巻き込む大集団落車が発生。この事故の要因は観客がコースへ飛び込んだものであったとの事。その証拠シーンは公式の中継カメラでは捉えられていなかったが、観客のカメラが飛び込むシーンをカメラに捉えていた。

コース脇から自転車で大集団へ飛び込む観客の映像

高速で通過する大集団(プロトン)の先頭へ向かい、歩道から自転車で飛び込む観客が見て取れる。集団へ自分も加わろうとしたのだろうか、非常に危険な行為である。

この集団落車事故には30名の選手が巻き込まれ、それ以上に、優勝候補のドメニコ・ポッツォヴィーヴォ (AG2R・ラ・モンディアル)を含む多くの選手が勝利争いから外れる要因ともなった。

アラファチも怒りを露わに

エウジェニオ・アラファチ(トレック・ファクトリー・レーシング)は自身のツイッターでも怒りを露わにしている。

via http://www.cyclingweekly.co.uk/racing/giro-ditalia/fixie-rider-causes-huge-crash-at-giro-ditalia-video-170567

関連カテゴリー

動画, 自転車ニュース