ジャイアントの2015年クロスバイク、モデルごとの違い解説

ESCAPE RX3

ロードバイクに近いクロスバイク

GINAT ESCAPE RX3

エスケープシリーズの中で最上位モデルとなるのが『ESCAPE RX3』です。フレーム本体もR3とは異なる設計がされ、GIANTのロードバイク『TCR』の様な構造を持つトップチューブなど、より軽量に剛性が高く仕上げられています。フロントフォークもR3、AIRはクロモリ(鉄)なのですが、RX3はアルミ製です。

さらにコンポーネントやブレーキなど各パーツ類も、R3やAIRとは異なる、シマノの上位グレードのものが使用されています。

通勤などの街乗りだけでなく、週末に自転車で遠出サイクリングも楽しみたいが、いきなりロードバイクは…という人は、ESCAPE RX3を選ぶと良いかもしれません。よりスペックがロードバイクに近づけられた『ESCAPE RX1』という、ロードバイク用のコンポーネント『TIAGRA(ティアグラ)』を搭載するESCAPE RX1という上位モデルも存在します。

漕ぎ出しが楽:★★★★
悪路走破性:★★★☆☆
長距離が楽:★★★★★

価格:69,000円(税別)
重量:10.4kg(465mm)

悪路もイケるGRAVIER

1 2 3 4 5 6